祝? 大泉洋、紅白司会抜擢!

 

今年の紅白歌合戦の司会に任命された大泉洋さん。大泉ファン(というよりどうでしょうファン)である私にとり、あまりの大抜擢に「さすが大泉先生!」と思う反面、「今お前騙されてんだよ」と、某ディレクターばりに哀れみを感じている次第であります。

流行に流されてたまるか!という陰謀論者やスピリチャリスト及び工作員が過半を占めるであろう私のブログ読者様にとってはあまり馴染みがなさそうな大泉さん。

この記事では、大泉先生(のボヤキ芸)のファンである元情報本部自衛官による、裏の視点から見た先生及び氏を取り巻く人間関係について思う事を書こうかと。

 

人間模様

大泉洋といえば、”水曜どうでしょう”無くしては語れません。水曜どうでしょうとは何かというと、1996年より北海島テレビ(HTB)にて放送されている旅番組であり、主要キャラクターはご存知大泉洋鈴井貴之(映画監督、大泉が所属するタレント事務所オフィスキューの会長、等)、藤村ディレクター嬉野カメラマンの四名。
2002年までの6年間は毎週水曜夜に北海道にて放送され、地方局には考えられない海外ロケ、大泉洋のボヤキ、それを生み出す鈴井及びディレクター陣による斬新な企画(無茶無謀)により、人気は北海道から全国区へ。
その他にも、やはり全国区の人気を得るに至った怪優こと安田顕ONちゃん)をはじめ劇団NACSメンバー、おやびん小松、土井プロデューサー、ハナタレキャップ(現在HTB取締役)といった素敵な仲間たちが彩りを添え、現在でも数年に1度のペースで放送され、現在は全国でその勇姿を見ることができる。

水曜どうでしょうを愛するファンたちは自らを”藩士”と呼び、VHSの時代から口コミで各地にファンの輪を広げ、ステッカーを車に貼り、DVDが発売される度にローソンへと駆け込む。

私は藩士と呼ぶにもおこがましいレベルだが、ロケ地巡りに聖地巡礼(旧HTB本社)に、NETFLIXで何十回とリピートし、ベトナム語字幕で語学の勉強にも役立てている、そんな水曜どうでしょう

まさにカルト的と評価されるその人気は、ひとえにテレビマンらしからぬ藤村及び嬉野ディレクターによる良い意味での適当さ、型にはめないスタイルであり、それに対してボヤく大泉洋(唯一の”体制派")、そしてそんな大泉を見て爆笑する藤村Dにつられて笑う視聴者、その構図に尽きる。


私が、”世の中の流行は基本的に作られている”ことを悟ったのは中高生の頃だったか。
クラスメイトが見ているテレビ番組の低俗さにはついていけず、はやりのファッションはどれもダサイ。街を賑わすヒットソングは聞くに耐えない雑音。傾倒したニュース報道。
大学生になって広告代理店という存在を知ると、ああやっぱりこういう人達が金の力ではやらせてるんだなという事を知り、今まで感じた”流行”への違和感に納得する。

そんな私でも認める面白さ、それが水曜どうでしょうであり、大泉洋安田顕が全国区の俳優となったのもどうでしょうあっての物だという事に異論はないでしょう。

それが天下のNHK紅白歌合戦、その司会に選ばれた!と伝える同じくファンである私の母の興奮を尻目に、「ああ、先生もついにやられてしまったか…」と。そして、やはり水曜どうでしょうが全国レベルの知名度まで祭り上げられたのも、裏のプランあってのものだった事を確信してしまったという悲しみ。


では何故そう思うのかという点を列記して行きましょうか

 

意外と宗教色


メイン出演者(ディレクターも実質出演者)四人の内、二人が(おそらく)檀家及び氏子を持つ宗教家の出自である点。
北海道江別出身の大泉洋は親が神主であり、佐賀出身の嬉野カメラマンは実家が寺であり坊主を継いでいた可能性もあった。この2人がロケ中道中のホテルでも同室になる事が多く、残り2人は何やら策謀を巡らしている。

そして日本全国を高速バスやカブで巡り、海外も南米と南極を除く4大陸を制覇するという、地方局では考えられないフットワークでありながら、四国88ヶ所巡りは3回も回っているのである。
建前としては、受験生達の必勝を祈願するという名目で、レンタカーで数日で全寺を回るという無茶な企画。
その無茶ゆえに大泉先生のボヤキも冴え、3回ともそれなりに面白いシリーズではあるものの、流石にテレビ的に画が持たないはずである。
代わり映えの無い寺の前で、遍路装束を着た大泉先生が「79番天皇寺高照院!」とか言うだけの企画である。寺毎に紹介だとか、見事な伽藍ガァとかはほぼ皆無。たまにありがたいなぁと悟りを開かれ、時折ゲストが来ることもあるが基本的にはそれと、うどんを食べる姿と、車内でふてくされる大泉先生の姿だけで放送が続く。
道民達がお遍路へと旅立つ多くのキッカケを作ったはずである。

いくらディレクター陣がうどんが好きだと言っても、さすがに四国行きすぎである。更にはお遍路の道中で起きた怪奇現象を基にドラマまで作る次第であった。

 

地理感覚の涵養による意識の力?

 

他にもサイコロの出た目で行き当たりばったりで日本何処でも行くという”サイコロの旅”は6シリーズを数え、内地の地理に疎い道民達に日本地図をイメージさせる役割を大いに買ったと思われる。

基本的に旅番組と聞いてイメージするのは、何処かにポンと行って、周辺の名物を回るのがセオリーだが、彼らはそうしない。
旅先での有名な観光地には目もくれず(そういうのはヨソがやってるから、てなもんで)、テレビっ子である大泉先生がそれに対して疑問を呈する車内の様子がむしろメイン。移動することがすでに目的になっているのだ。

これが絶妙で、ただの旅行番組だったら紹介するのは地方の一点であり、鶴瓶の家族に乾杯だとか言うのは一点の周辺を巡って終わり、2日後には視聴者に忘れ去られている。
しかし移動が目的の水曜どうでしょうは、その点と点が繋がる訳である。群馬でダルマを買った翌日には秋田でナマハゲのお面を買っている。それをカブの荷台に積み、視聴者はその後ろ姿を常に見ることになる。東京から北海道まで車で来るには、群馬を超えて秋田を通るんだと言うことが時系列的にも視覚的にもわかりやすい。

どうでしょうが(支配者から)評価されているのはこの点だと私は考える。

述べてきた通り日本列島というのはある時代に大改造され、その姿を保つには莫大なエネルギーが必要。改造した目的の一つに、世界地図の縮小型に日本を作り変えるもの。

よくスピ界隈では”日本は世界の雛形”と言いますが、逆なんです。世界の形に日本を作り変えたんです。
それによる形態共鳴を利用し、日本が揺れた時は世界が揺れる、世界大戦は日本が参加しなければ起き得ない、そうした状況を作り上げるために、諸島群だった日本を列島に、さながら龍の姿に作り変える必要があったと。少なくともヤマトタケルの時代には日本は列島では無かったはず。

そんな急拵えで作られた日本列島ですから、繫ぎ止めるのが大変。送電鉄塔を建てるのは監視や電磁波照射のための他、アンカー(錨)の役割もあるわけです。
東日本と西日本でフォッサマグナエリアを境に電気の周波数が違うのもそのためで、絶対に統一する事は出来ないそうです。国の政策的に、国内で電気の周波数を変えるなんて、普通なら百害あって一利なし。日本政府がそこまで馬鹿だったかと思うか、説明できない理由があるんだと思うか、どちらが妥当だろうか。

ゆえに、日本人の意識に日本地図を、それも動線付きでイメージできる具体的な姿をインプットする事は絶対条件。
江戸時代の伊勢参りブーム、参勤交代も、主目的はそれだったろうと我々は見ています。
意識がエネルギーを持つ事は、ある程度世間を知っている方なら理解できるでしょうから今更説明の余地はありませんね。
安倍晋三首相に政治のイロハを教えた経営者の方が仰っていました。「日本ではコレ(おもむろに指で印を切る)ができないと出世できないよ」と。

 

謎の男、ミスター

 

大泉洋が所属するタレント事務所であるオフィスCUE。その社長(現在会長)である鈴井貴之こと”ミスターどうでしょう”、彼の経歴には謎が多い。
自他共に認めるダメ人間として自著のタイトルにもなっているほどであり、大学中退後はバーテンダーをしていただの、大泉にとって世界一怖い人はミスター(鈴井)だとか、なにかと裏の面を感じさせる。
しかし番組後半ともなると彼の厳しい面は鳴りを潜め、時おり甘いものの早食いでやられたり、カメレオンに名前をつけて可愛がるなど、次第に丸くなっていくミスターの姿も番組の魅力の一つ。

そんなミスターの出身は北海道赤平だが、ルーツは紀伊半島十津川村。バリバリの熊野エリアである。
ちなみに藤村ディレクターは愛知県新城市出身。


レギュラー放送も終わった2004年、何故かミスターは韓国へ留学する事を決意する。
もともと劇団員でもあり映画監督でもあったミスター、韓国映画産業の隆盛をあの時点で見抜いていたなら流石だが、芸能活動、社長業を投げ打って留学というのはなかなか度胸がいる。電通のお膳立てだから、若しくはダメ人間だから、で片付けられるかもしれないけど…

確かに2004年公開の韓国映画ブラザーフッドは私が選ぶ映画人生トップ3に入るほどの名作であり、私なぞは日本語韓国語字幕を切り替えながら何十回も見た結果、セリフはほとんどそらんじる事が出来るほど。
2002年の日韓W杯の共催というのも今考えたらやりすぎだし、Wカップ前後3年ぐらいのメディアによる不自然な韓国の取り上げ方は気持ち悪いものがあった。

背中で語れる渥美清のような役者がいなくなったからなのか、テレビが普及したせいなのか日本の映画産業には金が投入されなくなり、代わりに派手な演技ができて整形に抵抗が無い韓国が大衆洗脳装置たる映画シーンを牽引して行くと。そのターニングポイントが2004年であり、その前段のJSAやシュリで日本市場を探っていたのではと考えられる。今やベトナムの地方局でも、ベトナム語吹き替えの韓国ドラマばっかりで辟易とするほどに、アジアのエンタメを席巻している韓国。円谷の特撮技術はNASAに輸出され、韓国の美大映画専攻の学生達はクロサワや小津安二郎を熱心に見ているのだ。

ちなみに水曜どうでしょうの企画でも、韓国内でサイコロの旅に行っている。言葉も喋れないのにバスや電車の時刻表をどうやって調べたのか、今でも不思議。現地コーディネーターが同行しないとまず無理だと思うが…

そして放送1ヶ月後に大韓航空801便が墜落し、228名が死亡している(97年8月6日)。

 

その他怪しい点

 

その他にも、現在オフィスキュー社長でミスターの元奥様がベトナム料理店を経営していてよくベトナムにも来ていたとか、車の走行距離表示や空港の飛行機便を表示するあのパタパタ等に、意図的かつ意味深に123という数列が挿入されている点で、オヤッと思うことがあったり、龍馬伝の翌年に高知に行ったり等々と、何かと裏の意図を匂わせるなと思いつつも、藤村ディレクターにつられて爆笑しながら常に拝見させていただきました。

そんな大泉先生が、日本死ねの筆頭であるNHKの、一年を締めくくる大イベントである紅白歌合戦に起用されたという事ですから、さてどうなる事やら…
生まれて初めて紅白を最初から最後まで見ようかという気にさせるキャスティングに、揺れ動くどうでしょうファンであった。

ちなみに大泉先生の演技については個人的には思うところが無く、私も劇場で観ましたが探偵はBARにいるなどは微妙そのもの。あれで日本アカデミー賞が取れるというなら、もう日本は映画を作れないと断言できる、そういう内容でした。

“こんな夜中にバナナかよ”は見てみたい。おそらくハマり役。

 

 

アジアウォッチタバコ編~ベトナムタバコ事情(plus韓国)~

オスオライガシ。

 

ベトナム伝統タバコthuốc làoについてはユーチューブをご覧になった方もいらっしゃるのでは。https://youtu.be/rQRkdqNYw0I

 

今回は一般的にベトナム国内に流通しているタバコについて2、3お伝えしようかとおもいます。また韓国人喫煙者達と酒席を設けたおり、現在の韓国のヒステリックな禁煙事情を耳にしましたのでご紹介。

 

さて皆様気になるベトナムのタバコの値段はというと、日本のように決まっておらず、店の立地や売り手の裁量で大きく前後するのが面白いところです。ゆえに空港の免税店で売っているタバコが、道端で買うよりも大分高い!というのはありふれた現象。

日本でいうわかばやエコーのような、まさに労働者のタバコ!というと、それこそ一箱40円ぐらいで買えてしまうけど、やはり味は落ちる。

その次にrichmondやcraven、mondといった、タバコ飲みかつ海外経験がないとまず聞いたことの無いような輸入品のタバコになると、やはりデザインもそれなり、味もこなれてくる印象。これが安くて100円ほどからで、メンソールカプセル2つ入り等、イマドキのものもある。そのため探せば日本で吸っていたものと同じようなタバコも安く手に入るはずだ!多分。見分け方としては、ドギツイ写真が前面に無くて、税金のシールが貼られていないもの。

…ということは密輸品じゃないのかコレは(^_^;)普通に流通してるけど…流石にコンビニには無かったと思うけど。

その上となるとマルボロダンヒルメビウスといった誰でも知っているようなタバコとなり、値段も200円からと、正直言って私の食指はとても動かない値段帯となる。

かつて日本でもカッコつけて洋モクとか言っていた時代もあったが、ベトナムでカッコつけたかったらstate express555が定番である。

日本では馴染みが無いがイギリスのブランドで、ベトナム語ではba số năm(三つ ナンバー 5)で通っている。個人的には、かつてどこだったかの免税店で買った555は正直言って不味かった。2種類買って両方不味かった。2度と買わないと思いマス。そもそも、アジアに流通しているタバコはマレーシア産だったり韓国産だったり…日本で買える同じブランドでも、特に免税店の物は露骨に味が落ちる。

違いの分からない未成年(!?)の時分ですら、韓国のマルボロマイルドセブンが日本と比べてまずかったのはよく覚えている。韓国は強いタバコが少なく、マルボロの赤ですらタール10mgという健康志向(?)だった。焼酎をストレートでガブガブ飲むくせに、タバコは1ミリというなんだかよくわからん人達だと思ったものです。

 

さてベトナムの喫煙率はどんなもんかというと、体感として女性は全くといって喫煙者を見かけません。タバコを吸う女性に対して世間の目が厳しいのは韓国以上で、タバコ=商売女という認識になってしまうのが悲しいところ。本当に、今まででベトナム人であろう女性がタバコを吸っていたのを見かけたのは1回か2回か、、それも実は韓国人だったかもしれんし。

 男はというと、いわゆる3K仕事に従事しているほど喫煙率が高く、高等教育を受けるに従ってガクッと下がる、そして若いほどタバコを吸わない傾向にあります。

というのも、私がベトナム語を学びに訪れる名門人文系大学では、タバコを吸っているベトナム学生の姿は皆無。吸っているのは基本的に韓国人、それか私と思って良い。というほど、韓国人学生が多い。

それもそのはず、ベトナム在住の韓国人は17万人、日本人の10倍だ!コロナ以降かなり減ったとは思いますが…

お利口さんなベトナムの若者達は、コロナが怖いと聞けばそれに従いマスクを離さず、タバコが体に悪いと聞けば遠ざける。警察、公安はマフィアでしかないと皆知っている筈なのに、政府の言う事は信じる。素朴で純情な人たちなんです。

そもそも酒もタバコも年齢制限がございません。

しかしここ数年の物価の高騰。10年前のニュース記事で、田舎では2000ドン(当時のレートでも10円ちょっと!)でタバコが買えてしまうことから未成年のニコチン中毒が問題に…と言うニュースを見かけましたが、見間違いかと思うほどに安いタバコがそれだけ出回っていたと。それに比べれば一箱100円前後というのは昨今ベトナムの若者には厳しいもんがあるかもしれん。下手したら1時間の時給だ。

しかしthuốc làoを吸わない都会的なベトナム南部ではタバコといえばマルボロや555であり、それ以外を吸うぐらいならいいや、てなもんで、そもそもタバコに近づこうともしない。頭が良いとも言える。

ベトナム北部はかれこれ3年も訪れていないのでハッキリと言えませんが、そこかしこの茶屋でthuoc laoが無料で吸える文化に囲まれて育てば、そりゃあ喫煙率は高い筈。金もないから、安いタバコでもカッコ気にせず吸うのでは。

 

とにかく喫煙者にとってはベトナムという国、タバコ自体も安く、どこでも吸えて、天国な訳であります。

タバコを吸いながら携帯で話しながらバイクに乗ると言う荒技を披露する人間もごく普通に見かける国。バイクに乗りながらタバコなんてうまくねえや。落ち着ける空間と、タバコに最適な気温湿度と、相性抜群の飲み物と吸ってこそのタバコだろうが!という、違いのわかる人にとっても、安くて種類豊富なドリンク類を提供するカフェで道に向かって腰掛け、往来や川を眺めながらのんびり私服のひと時…と言う、現在の日本ではなかなか望めないシチュエーションがどこにでもある訳です。

当然、銀行や役所や駅にスーパー、エアコンの効いた公共性の高い場所は禁煙であるため、コメダ珈琲等にありがちな他人のタバコの嫌な匂いに我慢を強いられる、と言うことも少ない。ホント最近のタバコは昔に比べて臭いと思う。

多くの大衆的なレストランやカフェ、飲み屋はノーエアコンで風通しが良いためそれほど気にならないし、エアコンあるけど割高、なチェーン店のカフェは基本的に禁煙です。しかし屋外では基本的に、どこでもタバコを吸ってOK(多分)。そこは人の多さやシチュエーションを総合的に見て判断しましょう。

この国に来て人に迷惑なんて気にしていたら生きていけないけどな!!列に割り込み上等、歩道はバイクの駐車場、渋滞時は車道になる。基本的には自分勝手です、ベトナム人は。灰皿が無くたって、吸い殻なんてその辺にポイーよ。

 

逆説的に、喫煙者がのびのびと吸える環境がどこにでもあればこそ、非喫煙者も気持ちよく空間を共有できるのではと。奇妙な共存のカタチを見た。

もし誰かが他人のタバコに文句をつけるなら、文句つける人は口臭が臭くてはいけないし、人に不快感を与えるような不潔な身なりをしてはいけない。犬の散歩なんていつよそ様を噛むか分からないから絶対にできないし、臭いから家で魚を焼いてはいけない、自転車で歩道を走ったり、ましてや逆走なんて死罪である。絶対に他人に迷惑を与えず、法を破らずに生きていますと言う人だけが、理不尽な禁煙強制ができると言うことになる訳だ。

極端な話に思えるかもしれないが、喫煙者イジメは結局、そうしたギスギスした社会を容認し、いつかは自分の首を閉める事になる事に、嫌煙原理主義者は分からないのである。

そんな原理主義者が理想とする社会のモデルケースがお隣にある。韓国である。

そんな韓国での喫煙者イジメの実態をご覧いただこう。

 

まず、韓国ではあらゆる飲食店、カフェ、バーを問わず、屋内では禁煙となります。公共の場所に限らず、店舗でも。

かつてはどんな飲み屋に行っても気にせず吸えたのに、、、と思うも、非喫煙者が多い場合は遠慮して外で吸う人間なので、コレは別に気にならない。

驚いたのが、韓国にニョキニョキ生えてるアパート団地。

あれの自室で吸っても罰金を払わされると言うのです。5万ウォン以上。

日本でもベランダ族等が批判をくらい始めているようですが甘い、韓国ではベランダはおろか自分の部屋で吸っても罰金である。分譲で買った自分の部屋だとしてもだ。当然団地の公園もアウト。誰かに見られたらすぐに〇〇棟〇〇号室のキム〇〇さんが〜と実名で吊し上げを食らう羽目に。

ソウルやプサン等の大都市の市街地はほぼもれなく路上喫煙が禁止され、そこでも吸おうもんなら5000円。

じゃあ自分の車の中はどうだと言っても、これも吸い殻を窓の外に捨てた時点で罰金である。映像を取られて通報されたら、それでもう罰金だ。皆ドライブレコーダーを付けているのでなおリスキー。

なので誰にも文句を言われずに、心置きなく吸おうと思ったら一戸建ての自宅か、周りに誰もいない工業地帯や川辺等で吸うしかもう手段が無いんである。

 

知人の体験談で、銀行に寄った際、駐車場に設置された灰皿を見て、これは助かったと煙を燻らしたところ、行員らしき者が現れ、吸わないでくれと言われたとか。

どう見ても銀行の私有地であり、銀行の客へのサービスのために置いているのでは無いのか、誰なら吸っていいのか、疑問をぶつける暇もなく、「あ、ハイ…」と立ち去ってしまった知人の分析によると、

「客の便宜を図って置いてはいるが、タバコを吸う人間がいる事自体にケチをつけてくる客、ならびに通行人がおそらく居るため、よほど大事な客でない限りは使わせないんでしょう」

 

なんだか言っていることがよく分からんぞ!

とにかく韓国ではクレーマーが絶大に強力だが、金持ちの権力はそんなクレーマーなど歯牙にもかけないと言う韓国社会の病理の現れを見たような、そんなエピソードだった。

もうとにかく、バス停や駅での公益広告は延々とタバコはあなたの家族も殺しますとか、トンデモを通り越してファンタジーでしかないのを延々とリピートし続けて、スピーカーにコーラかけてやりたくなるぐらいなのです。

 真に受けた嫌煙家達が次々に喫煙という権利を奪った結果、隣組も真っ青の、路上喫煙者を見つけては撮影し通報するという、悪趣味な正義が蔓延する社会になってしまっている。

そもそも韓国はミンウオン(:民願,Civil Petition)という制度が一般化しており、日本で言う目安箱なのだが、日本語の目安なんていう忖度ありきのソフトな表現ちゃんちゃら可笑しいぜ!というほど、ミンウォン一つで韓国社会ならびに韓国のコミュニティは一々振り回されるのである。

真っ当な用途としては、トイレのバリアフリーの要求や公園の遊具が壊れた等の投書だが、中には”図書館で同じ所に何時間も座らさせないでくれ”と言った理解に困るものや、駐車違反取り締まり区間でない道路の車両を取り締まってくれと言う無茶なもの、これは可愛い例である。

中には一人で8000件も投書をしたと言う名物クレーマーがニュースになったり、どう考えても仕事でやってるとしか思えないような輩もいるが、そうしたトンデモない請願が通ってしまう事がままあるのである。

日本人は変に悟ってしまっているのか、お上に期待しない、政治に理想を持っても無駄なだけと分かっているが、韓国は別である。

とにかく弱者が強いと言うか、被害者は絶対正義な社会である。

ある意味では民主主義であり、国民の声が政治に届いているとも言える。

ただ届いている声は明らかに工作員なんですけどね・・・元諜報員は語る。

 

 

と言うように、行き過ぎた喫煙排除、ならびに度を越した”人に迷惑をかけてはいけない病”をこのままこじらせると、韓国のような社会になってしまうよと言うのを、コリアウォッチャー歴17年の私から、一つ提言したい。

あと、韓国ではマクドナルドでも、「飲食時以外はマスクを着用してください」と言うアナウンスが30分おきに流れるそうだ。

日本のマスク警察なんて可愛いもんですよ!!

なんなら市民がこぞって裏公安の役割を買って出ますからね。これも被害者絶対正義という社会風土が生み出した結果です。

こんな韓国なら絶対行きたくないわー。コロナで行けなくてよかったわ〜。

台風Q号に振り回される越の国より

お久しぶりです。

 

ハロウィーンたけなわの10月も終わりを迎え、世はアメリカ大統領選大詰め。学術会議がどうとか岡村が結婚してたとか、相変わらずな日本のマスコミをよそに、世界は刻々と審判の時へと向かっている様相ですが、相変わらず私はマイペースです。

死ぬときゃあ死ぬんだ。

 

そんなベトナム10月は、私も先般訪れた中部地方を中心に、例年に無い豪雨&台風被害を記録しています。

この記事を書いている現在、まさに台風9号モラヴェが、弱り目のベトナム中部をまたしても直撃。

ニンニクで有名なリーソン島は民家の3分の2が破損したという程です。

 

f:id:YoshihikoK:20201031075032p:plain

小さいけど美味しい。薄皮も食べられる。

 

 

私のYouTubeでご覧になった方はわかりましょうが、古都(と言っても歴史は100年ちょっとしかない)フエでは9月の台風で既に街路樹がなぎ倒され、さながらスムースクリミナルと言った様相。

f:id:YoshihikoK:20201031075732j:plain 

f:id:YoshihikoK:20201031075636j:plain

f:id:YoshihikoK:20201031075651j:plain

電柱折れるかよ!


f:id:YoshihikoK:20201031075610j:plain

f:id:YoshihikoK:20201031075234p:plain

マイコー

 

 

今回の台風9号はそれよりも南方、ダナンの少し南方向をまっすぐ西進した形になります。

f:id:YoshihikoK:20201031081605p:plain

 

ちなみにこっちは去年の台風5号。時機も進路もソックリだ。

f:id:YoshihikoK:20201031075914g:plain



 

そんなベトナム中部、前述の通りに台風銀座であり、フエを流れる香江の上流をたどると、日本のODAバラマキ事業で建設されたベトナム中部最大のダムがあります。今回見てきましたがオマケ程度の発電設備があり、治水目的である事が伺える。

大きな気候変動や大陸移動がない限りは、歴代ベトナム中部を支配して来たチャンパ国は台風との戦いであったはず。そしてそんなに洪水が頻繁に起きるというのにフエに都を作ったグエン朝、バカだったのか?そんな疑問が湧いてきますな。

f:id:YoshihikoK:20201031081754j:plain

ホイアン日本橋

 

f:id:YoshihikoK:20201031081826j:plain

梅紋か・・・


 

日本人町も残る、川沿いの静かな世界遺産都市ホイアンから川を遡上し、興味深いシルエットの山々の山あいに建てられたミーソン遺跡。チャンパ王朝の聖地とされています。

 

f:id:YoshihikoK:20201031082243j:plain

f:id:YoshihikoK:20201031082300j:plain

ホイアンのカフェより

ベトナム中部を支配していたチャンパ王朝、その民であるチャム人は現在もベトナム54民族を構成しており、伝統文化を今に残している。

 

意外かもしれませんが、あの広い中国でさえ認定されている民族集団は55と言われているのに、日本より少し小さいベトナムに、54もの民族が住んでいるのです。

 

朱印船貿易の時代にも日本や中国と交易し、琉球国とは親密な関係であったとか。チャンパで取れる良質な沈香正倉院にも残っており、なんと家康が沈香を要求したという記録が残っているほど?さらには眷属がアチェインドネシア西方)に流れ着いて大国を開き、マラッカ海峡を我が物にせんとしていた?とも言われている、海洋大国であった訳です。

現在も冷凍技術向上により、日本に輸出されるマグロが多くとれ、良港も多い。

f:id:YoshihikoK:20201031082717j:plain

ホイアン日本人街の入り口。朱印船のレプリカがこれ見よがしに

 

f:id:YoshihikoK:20201031082815j:plain

伊万里焼かな?

f:id:YoshihikoK:20201031082920j:plain

中国とも交易してました

f:id:YoshihikoK:20201031082948j:plain

オランダ、日本、中国… 500年前、すでにホイアンは有数の国際港でした

f:id:YoshihikoK:20201031083056j:plain

寧波からも! 寧波空港は静岡空港と定期便を結んでいました

f:id:YoshihikoK:20201031083157j:plain

日本人の墓の碑文

f:id:YoshihikoK:20201031083212j:plain

 

 

ホイアン博物館は相当な見応えでした。疲れたら風の通る屋上でホイアン市街を眺めながら、持参した飲み物で一服してみてはいかが?売店等は無い。なんなら電気も着けてくれないしチケットも買わずに入れた。コロナの影響でどこもやる気ゼロだ!

f:id:YoshihikoK:20201031083524j:plain




 

 

 

そんなベトナム中部、のミーソン遺跡。1700年も前に作られたヒンドゥー聖地に、私もワンコに導かれつつ、暑い中を調査してまいりましたよ。

 

ミーソン遺跡パート1 https://youtu.be/u6iPT6MDs6Y

2 https://youtu.be/HFfo38RGMDA

3 https://youtu.be/JjiQKqzcl40

 画質が劣悪で大変恐縮。MacBookの動画編集ソフトがダメになりまして、せっかく編集が終わったと思ったのにYouTubeにアップロードはもちろん端末に保存もできない。万策尽きたかと思ったのに何故か他の有料動画サイト(VIMEO)にはアップロードできる露骨な利益誘導の犠牲に会いました。

 

f:id:YoshihikoK:20201031084729j:plain

 

f:id:YoshihikoK:20201031084742j:plain

 

f:id:YoshihikoK:20201031084753j:plain



漆喰やアスファルト等を使わず、レンガを積み上げただけで作られたこの見事な建築が、果たして数百年間うち捨てられていたにも関らず、こうまで偉容を保ち続ける事など、果たしてできるのだろうか??

 

アンコールワットのあるカンボジアには台風はほぼ来ないという事なのであちらは納得できます。そしてアンコールの方は、熱帯よろしく木が建物を飲み込まんばかりに侵食しているイメージが強いかと存じます。

 

f:id:YoshihikoK:20201031084824p:plain

もちろんアンコール遺跡全てがこうなっている訳ではないですが、比べて見た時にミーソンは、これと言った巨樹は皆無でした。

 

陰陽道の見地からすると、木とは気であり、日本の神社よろしく、気が大地より沸き上がる場所では、木は気の流れに沿って伸びるものです。

 

なれば、聖地とされているミーソンならどこかに大木の一本、切り株でもと思って見ても、見事に皆無なのである。

というより、数百年忘れ去られていたと言われる、ほぼ原生林というはずの周辺の植生は、そのへん近所の裏山に入った風景とほぼ変わらないのだ。

 

だとしたら、大木が伸びきらないほどに頻繁に台風が来るんであれば、尚更あの保存状態は不可解なわけです。米軍が頑張って爆撃してようやくこの程度なのである。

むしろ、ちゃんと空爆やりましたよという言い訳程度、大切な所を上手く外しているようにも見える。ベトコンゲリラの巣窟と聞いてるはずなのにだ。

北朝鮮軍が徒手及び戦車で、丁寧に韓国の山寺を悉く壊滅させた徹底さに比べ、この恩情(?)は謎。

 

私の考察だとミーソン遺跡は、これまたいつものパターンで、日本から持って来られた物、それもかなり近代になってからという推論が成り立つ。

エジプトのピラミッド然り、韓国の王陵然り。

 

平安京794年に作られたと、日本で教育を受けた方なら信じて疑わない所でしょうが、実は考古学上、発掘の成果として、あの時代あの場所に都があったなどという客観的なデータは一つも無いのです。もちろん奈良にも。

立派な古墳があるじゃないかと言っても、確認されているだけでも古墳の数は関東が圧倒的。古墳と認められていない(認めるわけにいかない^^;)仁徳級の巨大古墳は、東北や関東にゴマンとあります。

何より、日本の正史と言われる記紀には、あれだけ目立つはずの富士山の表記が皆無なのです。さらにいえば、ヤマトタケルの東征には伊豆半島がまるで無いかのように、焼津から先のルートには違和感しか無い。

 

輪をかけて九州各地に残る歴代天皇の痕跡を残す地名や言い伝え、どう見ても古墳なのに絶対に発掘されない小山達。炭素同位体の調査結果を悉く無視して大和朝廷機内説は常識であるかのように嘯く学者たち

 

つまり、平安京も当時あそこになく、後代になって主に九州から持ってきたもの。それもその土地ごと、というのが真相らしいですねハイ。

世界を裏で操る京都皇統にとって、京都に皇居がずっとあった!ということにしておく理由がどうもあるようです。 

 

そう聞くと変に腑に落ちるものがありまして。個人的に京都出身者との邂逅、及び京都で接した人民達に良い印象は皆無であり、皆どうも高飛車だったり変人だったり(←どの口が言うのか)。

それが1000年王都という虚飾からくる偽りの自信からくる、不安の裏返しであると理解すると、なるほどさもありなん、と臓腑にスルッとまぁるく納まりまっせ。

 

f:id:YoshihikoK:20201031090041j:plain

 さらにはこの祭壇?の地下から、中国風の衣装を着た方がお出になられたとは私の師匠による霊視の結果。

 

現在、我々神様救助隊(と言っても私もメインストリームからは外されてしまいましたが)は、以前までの審神者という調査手段を卒業し、現実としての気の変化、及び霊視、霊触を”参考にしつつ”、文献や現地の聞き込み等、事実ベースに基づいた調査を行っています。

審神者、特に耳で聞く形での神降ろしには危険が常に伴い、邪念や欲望、負の想念により、簡単に悪魔を降ろしてしまうものなのです。

今年の812日前後には、それを痛切に実感しました

 

 

さておきどうして中国なのか?

 

折しも私の育った静岡県西部は三国志の舞台であり、結局中国史も日本で存在した歴史を中国に輸出しただけの事。中原統一だって、久留米の秦さんチの家内騒動を大国の内乱規模にまでスケールアップした、白髪3千丈も真っ青なコピーアンド拡大解釈である訳です。浜松には久留女木という地名もあります。

 

そして三国志の魏に相当する遠州の東側エリアというと、革命家のファンボイチャウと縁の深い袋井市がある訳です。

 

https://youtu.be/K2UhKaSw9o4

YOUTUBEファンボイチャウ記念館レポート↑

そして静岡市姉妹都市であるフエ市といえば、チャンパ王朝最初期の都が2世紀にフエにあったとされ、さらに以前には中国により日南郡が置かれていたとされるわけで、否応なく九州をイメージさせる。

折しも温暖な静岡。沖縄、宮崎に続いて第3位という温暖さである静岡では近年、パパイヤやマンゴーといった熱帯果実の栽培が発展している。

宮崎は私にとっても縁が浅からず、何に憑かれたのかというほど頻繁に、何をするでもなく訪れた地でありました。鵜戸神宮青島神社を巡り、チーズ饅頭を食べ比べ、飫肥城で矢を射り、油津の海で素潜り漁をしたものである。

 

まさに今思うと、かつて前世で師匠と共に、ダナンの海を潜り何かを探していたという記憶が、私を油津の海へと誘ったのではと思えてならない。

 

 

お隣さんのはずの関東と九州をこれだけ引き離し、富士山を出現させ、東北を僻地へと追いやった古の術者達の空間操作の力は途方も無いものがある。

果たして静岡は本当はどこだったのか?

 

静岡空港の南側にはかつて油田があったし、ベトナム南部も原油が産出される。新潟こと越の国では天智天皇の時代には燃ゆる水、燃ゆる土が産出され献上していたとな。

松平を乗っ取った現在にも続く徳川家も本当の出自は新潟だというし、あんがいベトナム⇄静岡⇄新潟と、さらにフォッサマグナにフエの鳴き砂ビーチに、色々リンクしてくる予感を抱かせてくれる。

 

本当の日本地図が気になるばかり。そして9という番号をつけられた今回の台風、果たして神のみわざか、それとも

遠く越の国より思う。本当は近いのかもしれんが

 

雨期です

ベトナムは雨期です。シンガポールのスコールとは違って、降り出してもいつ終わるのかわからない大雨。

こんな時は部屋に篭って動画撮影に限りますね。

ということでもうご覧になってくださった方もいらっしゃると思いますが、123便についても語ってみましたよ↓

https://youtu.be/uc-cU7VgmhQ

 

字幕も付けました。古いpcで撮ったために聞き取りにくいと思いますので字幕設定をすれば、だいぶ見やすいかと思います。(*´ω`*)

f:id:YoshihikoK:20200530154451j:image

まったく関係ないリンガーハットホーチミン店をオマケに貼っておきますね

 

追記 今日(5/30)も新しい動画アップです。多少ホットな話題で。なんかおかしくなっちゃったけど字幕もシコシコ打ち込みました💦

 

感謝!

皆様の応援のお陰で、赤フン先生&元情報本部自衛官さんの動画が、一週間もたたずに総再生回数1700回、登録者数75人という思いもしない伸びをみせています(^◇^;)

お二人にお願いした甲斐があるってものです。と同時に、ほとんどがブログ読者様だと思います。過分な高評価、誠に恐縮です。これを励みに、ますますオモシロ&興味深い動画を作っていく次第です(*´ω`*)

 

また、日々の雑感を書いているサブアカウントの方のブログも、ヒマだったら見ていただけると嬉しいな、なんて(*´ω`*)↓

https://nepmoi.hatenablog.com/

ホントにヒマでヒマでどうしようもない時ね!

時間返せ!とか言いっこナシという事で😅

プロジェクトAKF始動。

始まりましたというか、始めてしまいましたというか。

神代を迎えるにあたって、次代を築いていく子供達への洗脳を解き、愛ある世界へと導いてもらうというこのプロジェクト。

多くの方の後押しに支えられて、この度はAKAFUN先生に動画出演をお願いいただくという運びになりました。

赤フン先生は名前の通り、真紅のサラシを締め込んだナイスガイで、海外経験も豊富なうえ仕事をクビになってヒマだそうですので、快く快諾いただきました。

現在33人という当ブログの読者の皆様と、300人は下らない善悪ないまぜの隠れフォロワーの皆々様、是非是非、応援&激励&叱咤&誹謗中傷&工作&拡散&MAD作成、よろしくお願い申し上げます。

とのこと。

 

https://youtu.be/HGcPrALUVh8

https://youtu.be/IvWDM4Ncy-A

 

 

コリアウォッチ番外編。在ベトナム韓国植民地

ベトナムに到着していろいろと驚いたのが、韓国の投資がすさまじいという事。

 

初めてベトナムに来た際も、式典を開催するにあたっていろいろと会場を物色しましたが、日航ホテルはアホみたいな暴利だし、ハノイ進出しているホテルというと他には呉竹イン等、ロクなホテルが無い。

f:id:YoshihikoK:20200512194151j:plain

綺麗なことは綺麗。

f:id:YoshihikoK:20200512194237j:plain

くさしていますが、職員&ゲストの宿泊に使用しました。浜松のくれたけが、何故にベトナムに??

いっそ韓国はどうだろうと思い韓国系のホテルを探すと、あるわあるわ。

ロッテが馬鹿でかいタワーを建てているわ

f:id:YoshihikoK:20200512194429j:plain

日本大使館を悠然と見下ろす、ろってたわー。ガムの匂いはしない。

f:id:YoshihikoK:20200512195147j:plain

東南アジア初の男には新鮮な光景

中にはロッテスーパーもあり、なかなかの喧騒。

f:id:YoshihikoK:20200512195807j:plain

f:id:YoshihikoK:20200512195954j:plain

ビングレが高級品なのだ

f:id:YoshihikoK:20200512195823j:plain

色とりどりのトビッコ寿司...

デウのホテルはハノイでも歴史と格式でトップクラス。

f:id:YoshihikoK:20200512194522j:plain

f:id:YoshihikoK:20200512194550j:plain

値段も手頃、送迎も少人数から請け負ってくれて助かるばかり。なにより韓国語が通じるのが一番助かる。

なにしろ国連組織なのにトップは高卒で英語が喋れないのだ。唯一英語が喋れる人も嘱託勤務である。なにかと凄い組織に属していたものだ。

 

f:id:YoshihikoK:20200512194833j:plain

VCCI(ベトナム商工会議所)の副会頭にもお越し頂き、マスコミにかこまれてボスはご満悦。

いろいろひっかかるものもありつつも、思い通りにいかないのが当然のベトナムであれですから、私にとっては大大大成功に終わりました。

 

日本人が多いとされるキンマーエリアに仮事務所を設けていましたが、日本料理は暴利なため、主に韓国料理屋でスタッフの食事を済ませました。ベトナム料理を受け付けない美食家の常務も、これにはご満悦。

 

ハノイを散策しつつも、あちこちでハングルを見かける。

f:id:YoshihikoK:20200512200205j:plain

サンヨン自動車...日本でも非常にレアだが中古車が出まわっている

f:id:YoshihikoK:20200512200300j:plain

ベトナム映画産業は韓国抜きには語れない

 

KEANGNAM LANDMARKという韓国資本(京南企業:東亜グループ)による超高層複合施設には韓国企業がズラリ。知り合いの韓国人声楽家もココにお住まいで。金持ちやなぁ...

f:id:YoshihikoK:20200512200730j:plain

f:id:YoshihikoK:20200512200744j:plain

f:id:YoshihikoK:20200512200759j:plain

チュオタン食べたい(写真右下)。カンサンジュン氏にとっては、お袋の味である。

 

そんなハノイを後にし、その足でホーチミンへと出向した私。

ハノイで驚くなかれ、ホーチミンはもはや韓国人街である。

なにせベトナム在住の日本人は1万7千人ほどに対し、ベトナム在住の韓国人は去年の時点で17万人を超えたとか。その大半がホーチミンに住んでいるというのだから、なにをかいわんや。

 

KING BBQという焼肉ビュッフェは街のアチコチで見かけ、常に満員。ロッテシネマ、CGV等、大型シネコンは基本的に韓国資本。

店という店からKPOPがひっきりなしに聞こえてくるのだ。日本食品を売るスーパーまでも。

 

実習生を初めて受け持った時も、韓国は先進国だという認識だったし、なるほどたしかに。

ベトナムを知ってしまうと、韓国とはなんて文化的で規律正しく、先進的な国だったんだという事を改めて感じる。

 

物を知らない人にとっては、ベトナムにおける韓国のイメージというとライダイハンがーなどと言っているが、笑止千万である。

ネトウヨのように他人を卑下して悦にいるようなゲスい人は、ほぼいないのだ。過去にはこだわらないし、学校でもライダイハンのラの字も学ばない。そもそも自国の歴史にみんな興味ない(;´∀`)

 

むしろフランス統治時代を知っている南部のご老齢にとっては、あとから入ってきて我が物顔でいばっていた日本軍の方がイメージが悪い。私の祖父もその一員だが…

 

 

とりあえずこれまで。

加筆予定です。