悲しみの山口と百済朝鮮(ライブ配信補足)

今回もYOUTUBE生配信にお付き合いいただきありがとうございました。↓

www.youtube.com

スマート不穏の電池切れで突然の終了となってしまったことをお詫びいたしますが、これからもこうした手探り手作り低予算でお届けしようかと思います(>人<;)

3時間も動画見れねぇよ!というお忙しい方のためにも、伝えきれなかった事もあり、要点を簡略に(結局冗長になりました…)まとめようと思います。

 

田布施システムの嘘

明治天皇が山口の朝鮮部落出身の某に背のりされた、今の天皇はその後継者だ…という陰謀論界隈の噂。

はっきり言って韓国人(朝鮮人)にそんな力は無く、古代より連綿と続く封建思想が今ですら残っている日本で、そんなことは不可能です。こうべを垂れてしかるべき血統の人間にならいざ知らず、化外の人間(失礼)に武力等で支配されたからと言ってやすやすと従う日本人はあの時代いなかったでしょう。つまり田布施出身の人間が天皇に据えられたといっても、それで世の中は回っているわけだし、革命じみた大きな動乱も無かったことから、支配層にとっては天皇の国籍や出自などどうでもいい。と言ってしまっては多少語弊があるかもしれませんが。

小室圭さんが在日だと言っても、だからどうしたという話で。

むしろ国内では命を狙われる危険性を考慮し、血統を残す意味で半島に落胤を送ったと見ることもできます。

むしろシナだチョンだと国籍だけで人を差別する残念な方々より、韓国及び北朝鮮の方々の方がよっぽど節度があり、先祖を敬い和を尊んでいます。ぶっちゃけ血統的にも正統。

ネット右翼の大半は中年以上の(無駄に時間だけはあり、かつ成長の見込みが無い)自営業者が多いという古谷氏の調査はかなり正確だと思われます。若者もバカじゃないからそんな無駄な事に使う時間も労力もないだろうし、ていうか実際にそういう方を知っていますし…「俺は〇〇天皇の末裔だ!!」と言いながら労働基準法完全無視の薄給でパートの女性をこき使い、123便事件は俺が一番知っている!と言いながら外国人差別をする人が実際に居るんです。もちろん自衛隊内部組織やその他雇われで差別的なコメントをネット上に晒している人間も多数いますが。

確かに韓国にはウリナラマンセー的な人は居ますが、もちろん少数派でありネトウヨの人達と性根は同じです。自分は素晴らしい人間なのに評価されないのはなぜだ!政府が悪い!!いや、隣の国が悪い!!!

…けっきょくは同族嫌悪なんです。ほっときましょう。

 

“中国=日本の傀儡”説の裏付け

じゃぁ朝鮮人に支配させたもっと上の組織若しくは国がいるんだ、中国並びにロシアコミンテルンだ!!アメリカだ!!という意見もありましょう。

そこで私が動画でお見せしたあの発令書です。

赤ワク内が私の曽祖父の名前

 

私の曽祖父は上海でスパイをしていたというのは既にお伝えしましたが、なんと中国陸軍所属のスパイだったというのが文書でハッキリと残っていたわけです。今回法事で山口に行った一番の収穫と言えます。

そうなると、なぜ汪兆銘がフランス系の法政大学に留学していたのか、陸軍結社の中枢である浜松から、池谷姓の男(私の曽祖父です)が上海の旅館経営者に接触し婿入りまでしたのか。徳川とフランスの蜜月を知っていれば至極当然であるわけです。

当時日本人が多く住んでいた疎開地はフランス租界の目と鼻の先。森鴎外はじめ陸軍の偉いさんや日本の著名人が定宿にしていた旅館は格好の情報交換の場であったわけで、そこを徳川が狙った…というより、上海割譲自体が、2000年以上に渡る日本海人族=中国沿海部コネクションによる既定路線だったと見る事も可能。倒幕なんて出来レースですし。

また浜松周辺といえばスズキ、トヨタ、ホンダ、ヤマハといった世界に冠たる発動機メーカーの創業者を輩出する地であり、また楽器でいえばヤマハも世界のシェアトップ。そして電子楽器で売上を伸ばしているローランドも、楽器全体のシェアで世界2位なんですが、創業地の大阪から何故か、銅鐸の大量出土地である浜松北部の片田舎、都田に本社を移しているのです。なんのために?

ぜひグーグルマップでローランド本社をご覧ください。本社の近くにあるショッピングモールは、一体なんの形をしているでしょう…

ですので中国公安部の設立に日本が関与していたというのはまず間違いなく、それも徳川が大きく関与していた(であろう)ことの傍証を今回の山口詣にて掴んだことは大きな収穫でした、と。

 

利用されたのんびり山口県民と百済

山口はとにかく平和です。人も概して穏やかです。道が良いので運転は荒い方に入りますが、どうもあの土地は人に争いをさせる気を削がせてしまう何かがあるようです。

ゆえに医院を開いた親戚のi家は、初代は霊能じみた力で人を癒してしまうぐらいの能力者で、人柄も素晴らしい赤ひげ先生でした。しかし2代目の器はそれに遠く及ばずで、しかも山口で育ったもんですから人を疑うことを知らず、詐欺師に囲まれて存続の危機です。3代目候補に医師免許保有者はついぞ現れず、このまま老人ホームの入居者が居なくなったら廃業でしょう。

同じく今回の山口詣で宿泊した常盤旅館も、このご時世で必死な様子。

とにかく上の指示(県ならびに厚労省)にヘーコラしてマスクしろ、しないなら泊まるなと強気かと思いきやチェックイン時以外ノーマスクでも一切何も言って来ませんでした。ハッキリと形式だけって言っちゃう始末…なんだか可哀想になってしまいましたが、旅館のコンセプトもB級そのもの。

風呂の補修はしないで、高校生の卒業制作みたいな変なオブジェが飾ってあったり、やたらとくだらない表彰状が掲げてあったり、見事にとっちらかっている様子です。

金の使い方を知らないというか、長沢ガーデンに毛の生えたような温泉旅館でした。名物女将が引退したらもうダメでしょう。

ちなみに長沢ガーデンの社長もある意味大物で、「金はもう稼いだから、ボイラー壊れたら廃業だなぁ」的なやる気のなさがむしろ良いんです。昭和が残っていますアスコには。

知らんがな!とお思いの方には誠にごめんなさい。国道2号線沿いのふっるいドライブイン旅館で、古株のトラック運転手にとっては山口といえばココ、というオアシスでありましょうか。部屋の掃除は行き届いてませんが、メシは結構うまいんです。タコ焼きとか

 

そんな山口との縁が深い古代韓国の百済エリア

“漢江の奇跡を成し遂げたのはワシの力じゃあ”という長州のドンをして天智天皇百済人だったと言わしめる、大内氏の威光だったり百済人ネットワークが日本の政治経済の中枢に張り巡らされている事は、上皇陛下による百済人が先祖発言からもわかる。

ちなみに韓国国内では新羅というと高級ホテルの名前に付されていたりと誇りあるワードのようですが、百済というのはとにかく無視、いや忌避すらされている社会雰囲気を感じます。一時は現在のソウルも百済の領域だったというのに。地域差別も根強く、ゲリラの巣窟ということにされ霊峰智異山はことごとく焼かれ寺社は破壊され。

おそらく古代史で言うところの百済伽耶が言うなれば古くより残る正統出雲ならびに猿田彦家系であったり、唯一神ならびにアラハバキ、ミジャグジ信仰を継ぐ本来の日本の姿。

対する新羅や大陸の唐といった勢力が、そんな平和な日本を侵略すべく入ってきた外来勢力ということが言えます。太宰府に残る都督府古趾碑は、7世紀すでに日本は外勢に侵略されていたという物証と見て間違いありません。

後百済を建国したキョンフォンは、大ミミズと人間の女の間に生まれたという伝説がありますが、女性の家に夜這いしたとか、糸をつけて辿っていったらヘビだったとか、まったくそっくりな神話が日本にもありますよね? 蛇=ミジャグジ。つまり日本古代史に蛇というワードが出てきた場合、ほとんどの場合ミシマミゾクヒつまり強力な女系血統との接触を意味しています。

ヤマトタケルの兄、大碓命も蛇に噛まれて死んだと言われていますが、間違いなくミシマ系と接触していることでしょう。継体天皇彦坐王(ヒコイマス)です

何しろ陵墓がなんと猿投山🐒、みシまる氏が重要視する香良洲神社がある愛知県豊田市に存在しているということでして…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

次回の配信では連続して、古代韓国南部に存在した伽耶諸国、日本では任那とされていますがその中でもアラガヤとタラガヤについて話そうかなー?と思います。

伊勢神宮といえば内外の二つありますが、それぞれ別宮という形で、別格に祀られている神社があるのはご存知でしょうか。

内宮別宮荒祭宮アラマツリノミヤ

外宮別宮多賀宮タガノミヤ

アラとタラ(ガ)

それは伽耶六国のうち常に二番手としてトップを補佐したアラガヤと、伽耶六国に属していないながらも、多量の古墳と勾玉を産し国境の要衝で新羅を睨むように存在していたタラ(多羅)国を表しているのではないか?

 

ミシマ一族の影が見え隠れどころかひしめいている伊勢湾周辺と豊田、アラハバキ信仰西限(砥鹿神社)にして三河南朝伝説の残る豊川、豊橋あと浜松。

またまだ三河遠州の霧は晴れない。次週乞うご期待!!!!

 

告知

お久しぶりでやんす。

昨日は突然のYouTube生放送にも関わらず、沢山の方にご覧いただき誠に恐悦至極でございます。

 

ご要望に応え次回も生放送を、同じく土曜日の夜10時から。6/11 2200 から開始しようと思います。

 

テーマは『公営マフィア、日本警察』という大筋の内容でお送りする予定です。

 

皆様のご質問、ご指摘、はたまた面白エピソードを期待しております(*^◯^*)

そうだ狂都逝こう

銅鐸と浜松の記事を書いていたら(どういうわけか)京都の悪口がまたもや始まり、それが盛り上がってしまったので、独立記事として掲載します。

全ての京都嫌いな日本人が私の仲間だ。なんと心強いことか。

 

 

あえて敵を作りに行くスタイルの私、嫌いな都道府県をランキングにするとこうなります

1 京都

2 山梨

3 静岡

4 広島 愛知(タイ)

5 大阪 沖縄(タイ)

 

何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!!!という意見はごもっともです。

しかし出身県である静岡、大学生活を過ごした愛知県も入っているあたり、客観的な意見であることを理解いただけたら幸いである。

経験からくる好き嫌いなのに客観的と言いはる矛盾だ。

 

 

 

早速一位から参ろうぞ。

ワーストランキング

第1位

京都

正確には京都市洛中というべきで、京丹後市天橋立舞鶴等には思い出もあり、それらを差し引いても都道府県という括りでランキングづけをした時、京都府は不動の一位となってしまうのは致し方ない。ぴえん。

理由としては

・いつも道混んでる

衆生を救うためにあるはずの寺が入場料を当然のように取ってけつかる

・駐車場少ないし高い、何もかも観光地価格、というか京都価格

・京都出身でまともな人に合ったことがない

・部落研究に崇神地区に行ったけど全然大したことなかった。ファッション部落め!

名神高速米原方面から来た時の下り坂がいつも気持ち悪い。渋滞も相まっていつまでも大阪につかない

・叡山の坊主の営業妨害が悪質

 

こんな感じで。続いて意外なところで第2位

山梨

・ローディー(主に車で追跡する連中)結社員がチンピラそのもの。さすが御巣鷹の入り口。

・東京に近いから調子乗ってる

・コロナ脳だらけ

なんと、今まで良くも悪くも印象がなかった山梨県が2位に急浮上!!!

それもこれも先月ひさびさに山梨に行った際、甲府駅前のヨドバシカメラ岡島百貨店と、立て続けにマスクしろと恫喝されたこと。

特にヨドバシは警備員が横柄でしつこかったです。

マスクぐらいしろという意見もありましょうが、こっちに言わせりゃコロナぐらいでうるせぇ。です。

ほうとう屋の小作では迷路みたいな厳重なアクリル板。どかしたら直される始末。

もはやどーーーーでもいいんですけど、なんでしょう。こういう所からも県民性というかが見える気がします。常に東京の方向いてるという。

感染者数が東京で万を超えて高止まりしていた状況、東京様には死ぬまでついていきヤスぜ!東京様がコロナで大変でいらっしゃる、我らも自粛じゃー!という小物根性が匂って仕方がない。

どおりで、お上の命令通りにオウムのサティアンまで作るし、リニアのトンネルというトンネルが見事に重要な古墳をぶち抜いているし、道路標示にもやけにローマ字を多用(外国系結社員が多い)しているし。そうか、お上の言いなりなんだこの県は!

と言うことがわかりました。ノーマスクは発見があってやっぱり楽しい。

ちなみに(比較的)おおらかな県民性で、お上が今川だったり徳川だったり武田だったりと忙しかった静岡では上からの圧力に屈しないと言うか、どうせオカミが変わっても何も良くならねぇからと悟っているのかノーマスクを指摘された事は基本ありません。市役所だろうが入管だろうが年金事務所だろうが駅だろうが。

唯一着用を強要してくるのはコストコです^^;

ヤッパね

(追記3月26日 富士川サービスエリアの観覧車でもマスクの有無を聞かれました。持ってますよと返事しただけで、つける素振りすら見せませんでしたけどスルーでした)

 

3位

静岡

・田舎もんだらけ、世界が狭い

・意外に思われるが海産物が乏しい。マグロもいいやつは大体東京に行って、残りの腐りかけがイナバのツナ缶か静岡のスーパーに並ぶ

・闇が深い

・やる事多い

まぁご察しの通りかと思われます。

 

同点4位

広島

お好み焼きは広島派の私、しかし広島で食べても大してうまくない。東京の方がうまい。多分向上心が無い。なんなら自分で作ったほうがうまい。オタフクソースの過大評価

・山口まで車で行く際、危険な兵庫を抜けて岡山は一見平和(に見えるけど…)だった後の広島が東西に長くてうっとうしい。

・有吉が鬱陶しい、と言うよりこしゃく。

田中宏作品は好きだけど全体的にガラが悪い。

 

愛知

・正確には名古屋近傍がアレ。三河エリアはわりとマシだけど陸自の監視がうざい。

・名古屋までわざわざ出て行っても何もない。(おかげで大学時代は勉学に集中できたけど)

・名古屋民が名古屋にやけに誇りを持っているのが理解できない。名古屋のお世辞さえ言っておけば機嫌は取れるが、お世辞すら思い浮かばない事が多い。かと言って中日ファンと言うのはわざとらしすぎて嫌われる。めんどくせぇ!!!

尾張小牧を筆頭に車の運転が荒い。正確に言うと結社員の練度が低くてチンピラ系が多い。

・文化が無い

 

続いて第5位

大阪

・吉本芸人が日本のイジメ文化を加速させている。テレビをつまらなくしている

・意地でも標準語を喋らないあの偏屈さ

・だいたいの神社に神様が居ない(関西全般だけど)

ギリギリまで神奈川と競りましたが、見事ランクイン。

 

沖縄

・魚がまずい

オリオンビールも言うほどうまく無い

・正直焼酎が好きじゃ無いので泡盛がちょっと

・人が不誠実な印象

あくまで印象です。最後に本島に行ったのは中学生の頃だったか?成人してから石垣島西表島には行きましたが、それは楽しかった。ただ食べ物は…うーん。

 

どうでしょう。それぞれの県民様たちの怒りが伝わってくるようです。

ただご理解かと思いますが好きでも嫌いでも無い鳥取や和歌山と違って、それだけ注目に値する、かつ課題の多い都道府県であると言うことに注意が必要です。

それは各地の結社員のタイプにも現れており、特筆すべき連中の特徴を一言で言うと

福岡=凶悪

山梨=極悪

滋賀=悪質

成田(千葉とは別枠)=地獄

 

と言うように、お上にとって重要な地点、古代聖地であり、陰謀渦巻く場所であるほど結社員が露骨に張り付き、また海外勢力が入り混じっているエリアほどカオスになります。集スト被害者の方は行かぬが吉です。まじで。

福岡以下九州全域は結社員も監視慣れしている上、サイキックを貼り付けてくるので注意が必要。

京都は監視慣れしている上洗練されたイメージ。一見して身なりが良く近づき方がうまい。JR東海もヤツらの言いなり。叡山の坊主がしゃらくさい。

山梨は見境なく露骨に接近してくるので現実的な危険が伴う

成田はもう異世界。公安からしてマフィアそのもの。

もちろんこれらは非常にざっくりした分類分けで、その地を訪ねる人がどんな人かによっても変わりますし、動画でもお伝えした通り静岡内でも伊豆と清水でガラッと変わります。

例えば海自の情報員は絶対に習志野には近寄りません(お察し)

 

 

せっかくなんで

好きな県ランキング

も参りましょう。落としてから上げる!

 

第5位徳島

・うどんも美味いしラーメンもうまい

・なんかのんびりしてる

・コーヒーにこだわりを感じる

・大阪、兵庫と危険地帯を抜けた後の鳴門大橋はやすらぎの一言。

身内から非難の声が上がりそうですが、誰がなんと言おうと良い。それも全ては徳島の御曹司と仲が良かった(現在は疎遠)のが全てで、徳島の美味いものを一通り食わせてもらったし別荘で豪遊もしたし、良い印象しか無い!阿波水軍と遠州南朝の絆だろうか

第4位宮崎

・とにかくのんびりしている

・神社が良い

・トロピカル

マンゴーを食べにわざわざ太刀洗から宮崎までよく行ったもんです。人もやたら穏やかだし、同じ九州かと思うほど車のマナーが良い。実は九州じゃないんじゃないか?

第3位山口

・みんなお人好し

・どんどんの肉うどんはここでしか食べられない味

大国主直系の社長から直々に薫陶を受けた地

・瓦そば売ってる(コープ以外は認めない)

日本海側の海水が想像以上に綺麗。人もいないし海水浴にはバッチグー

母方の親族達が上海から引き上げてなぜか定住した地。やはり重要地点か。そして東京の親戚(父方)と比較すると山口の親戚はみんなウマが合うんです。やっぱり上京したイナカモン達はダメだ。

第2位秋田

・秋田犬のプリチー感

・環状列石のミステリアス感

・きりたんぽ鍋の、美味いは美味いけどなんでこれが名物に?感

・ナマハゲ感

私が大型2種の免許合宿で住んだ地であります。わざわざ選んで正解でした。青森勤務時代にほとんど訪れなかったのが悔やまれる

同点第2位福島

・青森行程の重要な中継地点。

・餃子がうまい

安達太良山がなんかスゴイ

・意外と雪少ない(会津除く)

震災前に初めて訪ねてからも、良い思い出ばかり。あんな事になってしまったからこそ、私が行って元気付けてやらなくては!と言う余計な使命感も帯びさせる。

また同点第2位山形

・赤湯ラーメンがカラいうまい。これだけのために三色モナカ(仙台の)を諦めて内陸ルートを選ぶほど

・出羽桜の朝鮮美術館がスゴイ

・山がスゴイ。ピラミッドだらけ。坂道がない。

・ラフランスがやすいうまい

ヤマがガタガタ。なんだか名前からして田舎くささを感じさせる、田吾作の代名詞的レッテルを貼られてしまった感の強い山形。ダニエルカールの責任が大きい。多分あの人CIA

しつこく同点第2位岩手

盛岡駅前の焼肉屋が非常に良心的で味も素晴らしい

じゃじゃ麺はそこまで超絶うまいわけじゃないけど、なんか食べたくなる

岩手山がパワフル

・地味に岩手町がある。当然県庁所在地ではない、栃木県栃木市を思わせるいぶし銀の魅力。キャベツが名物。町おこしキャラのキャベツ戦隊が哀愁を呼ぶ

・遠野には不思議な懐かしさを感じる

正直1位以外の東北諸県は甲乙付け難い、とても優劣なんてつけられないためこのような結果になりました。宮城は別に仲間外れにしてるんでなく、そこまで東北感を感じないと言う理由でランク外

 

第1位

THE青森

私が東北に目覚めるきっかけとなった、まさに人類の故郷。

多くは語るまい

もはや理屈ではないのです。

 

未開で野蛮、蝦夷だ夷狄だと蔑まれる本州の果て青森。

果たしてその認識で正しいのでしょうか?

十三湊は14世紀前後には有数の国際港でありロシア沿海州やなんとイギリスとまで貿易をしていたと言う。今はシジミが取れるだけの寂れた港ですが、どっこい米軍がコッソリとレーダー基地を置いている最重要級の地点。

ホツマツタエの記述でもアマテルカミが仙台に何十年も留学していたり、オオクニヌシが国を譲った後に選んだ地が津軽だというのも、東北の重要さが垣間見える。国を奪われたからというモットモらしい理由をつけてでも、守るべき“ナニカ”があったから津軽に行ったのだろうと見ています。

とにかく東北には嘘が多いんです。

そもそも多賀城の規模がデカすぎる。蛮族の統治のために太宰府と同時期にあれだけの柵、否もはや城郭都市を作る余裕が、唐新羅連合からの侵略にヒーヒー怯えていた大和政権にあったと言うのは無理がある。

 

悲しみのKIOTO

前も書いたと思いますが、記紀に記されている平安京平城京という都が皆さんが思う関西のあの辺にあった、という発掘上の証拠は何一つ見つかっていないのです。ここは都です、という立て看板ひとつ出ていません。ただ気がついたらここは京都だと言っている人たちが住んでいる街があり、周りの人間もそこを京都だと認識しているだけで、現代京都と平安京との連続性にはなんら根拠がないのです。名前だけなら福岡にも京都があるし、碁盤目状の街路があった痕跡なら山口市にだってあります。阿倍仲麻呂が詠んだ三笠山も奈良だとすると色々矛盾していて、それら全部実は九州だったとすると辻褄が合うことが多いのです。これは本職の歴史研究家が実際に提唱している事でもあります。 

 

琵琶湖周辺にわざとらしく配置した各種地名や京都奈良の偽りの都感。

縄文以来の歴史があり東北まで大型の古墳が残されている日本。京都が平安京だったとすると、あれだけ便利な位置にだだっ広い平野が手付かずで残っていて、綺麗な碁盤状の都が作れるのは不自然です。

古墳は残土の有効利用という側面が大きく、これだけ広い土地を真っ平らに整地したら余った残土はどこへ??大規模な開拓を指揮したおおきみや王子を讃えるために自然発生的に作られた古墳、日本の不自然に整えられた洪積平野や扇状地にポコンと綺麗な小山がありますが、アレほぼ全部古墳です。それが無い京都って…?ちなみにこの疑問は三方原台地にもスッポリ当てはまるんですが。

記紀の地名にツジツマ合わせて、街をデザインし、日本各地の伝承に知らんぷりしつつ京都を1000年都市に仕立て上げる。全く壮大なファンタジーに皆さん付き合っているわけです。オトナですよねぇ。

プライドだけは高く、これといった名物も産業も無い京都の人たちから平安京以来の日本の中心という幻想を取り上げたら多分泣いちゃうでしょうから。

 

流石に弱いものイジメみたいで後味が悪くなってきましたが…

別に私は京都人に嫌がらせを受けたとか、京女にフラれたわけではありません。散々クサしていますが。

ただ、足繁く通った祇園の八坂神社の威容、荘厳さたるや、津軽岩木山神社の足下にも、いや足下に転がっているリスに齧られた松ぼっくりにも及ばないのが全てを物語っていると思います。

そんななのにどこに行っても基本的に人が多くてイライラするんです…そしてパヤパヤした観光客が邪気を撒いていくため、良くなるはずが無い。

多くのいい歳をした観光客達は「京都=なんか良い」という集団催眠から抜けられないのだと思います。

その証拠に、小中学校で京都奈良を修学旅行で訪れたという方、どれだけ寺社や風景を覚えていることでしょう。覚えているのは宿坊で食べた夕食の粗末さ、級友達と夜通し恋話をした思い出、八つ橋って思ったほど美味いもんじゃねえなオイ、そんな所でしょう。余計な知識の無い子供だからこそ、本当の価値をすぐに見抜くのです。

大人になるにつれ、やれ京都いいよねぇとか東山がぁ~とかいう知識人につられて、なんか京都知ってた方がカッコいいんじゃね?と思って行くようになり、なんと無くいいなぁと思い始めた頃、京都料金の湯豆腐なんか食べようものなら「いやぁヤッパ京都の豆腐は違うねぇ」などと知ったかぶりの一つもぶちたくなるもんです。

 

というのも私の知人が大津の出身で、京都にも仕事によく行っていたので連中の始末の悪さ、地域差別の凄まじさには閉口していたというのです。

知人は滋賀から東北大学へ進み、のんびりとした人達と過ごしたため、社会人になってから知る京都人の酷さがなおさら衝撃的だったことでしょう。

 

それも仕方ない面もあります。

 

なにせ京都洛中の人々は、我が家が御所からどれだけ近いか、どれだけ古くからそこに住んでいるか、それだけで人の価値を決めてしまう残念な価値観が全て。

なんと言うのか忘れましたが日が暮れて寺の門が閉まると、鬼やお化けが跳梁跋扈すると割と本気で信じています。

それゆえ、私の知り合いがグループで京都を歩いていた際、ずっと人がついてくるため『何か用か』と聞いた際、『片割れ時を過ぎて怖くて帰れないので、勝手ながら後を歩かせてもらいました』、と言われたそうな。

他にも小学生の通学路を毎日変えるとか、子供まで利用した呪術呪詛がそこかしこに工夫された街なのです。

そこまでしないと、厳重な結界で幾重にも張り巡らされた京都の街はいとも簡単に次元の切れ目に迷い込み、キサラギ駅みたいなことになってしまうのでしょう。

京都が爆撃されなかったのは、世界支配構造の主要ポストを占める京都皇統のお膝元、という以上に、飛行機で侵入しようとしても全く別の所に飛ばされるんじゃないか?という説もあります。モハヴェ砂漠あたりに。

 

以上、つらつらと不平不満を述べてきましたが、これも全て京都を始めとした陰謀ひしめく黒い都市に住む人たちを案じ一人でも助かってほしい

 

などという高尚な気持ちは一切ございません。

ご存知の通り私は性格も良くありませんし好き嫌いも激しい。

神にまつろわぬ怠惰と飽食を貪る現代人達に人の道を説こうなどという偉そうな立場にはありませんし、私もいつ神に見放されるかという不安のもと毎日生きております。

暇でもないの6000字にもなるそこそこの長文をダラダラ書いて自らの無智無学無思慮を曝け出す意図は自分でもわかりませんが、もう良いのです。全てが。

 

あるべきものが、あるようにあるだけ。

日月神示にも書いてあります。

人を助けるために自分を犠牲にするのは悪である。

自分も楽しく世の中のためにもなるのが結構だぞと。

だから私は嫌いなものはハッキリと言う。

そこから意見の衝突が起きなければ、私も発見がないし進歩が無いわけです。

人との折衝を避けた結果、日本がこれだけの偽善国家になったと私は考えます。

屋外でも、周りに人が居なくてもマスクを外せない不審者天国になってしまった日本の病理、それはコロナ怖い ではなく 世間体怖い なのです。

人に迷惑をかけない と言う美辞麗句に隠された本心は“自分だけは非難されたく無い”。

偽善です。事なかれです。見て見ぬ振りです。

これでは当然21世紀になろうがイジメはなくなりませんし、第3次大戦も不可避でしょう。

 

 

はぁ

 

 

とはいえ、ね。

自衛隊に入った時点で死を覚悟していました私は、それまでの人生が十分幸せだったと思ったからでして。

原発の釜が吹き飛んでも生きているのが不思議でしたが、それもまさに神のみわざで生きながらえていることを確信した結果、なおさら死への恐怖はなくなりました。

奇跡的に、例外的に預かった命。

神のみ心から逸脱した際は、喜んでお返しするのみです。

難しいこと考えずに、盛岡の冷麺くいて〜!

徳島ラーメン食いて〜!!

だからもうちょっと生きるわーー!!

そんな程度でいいのさぁ(*´ω`*)

京都まで行くほどの価値はないけど、松葉のにしんそばはまた食べたいのさぁ(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)

“FxxK FREE WORLD”

※追記

最近話題の数列は331でした、うっかりしていましたが、並び替えたら313も331になるので修正せずこのまま公開します。

 

どえりゃあお久しぶりです。赤フン先生でございますよ。

わざわざメインブログに書く内容でもないと思いましたが、陰謀率0パーセントの甘い香りと口当たりを標榜しているサブブログには相応しくないと思い久々に筆を取りました。

 

伽耶研究や毗曇の乱とか韓国の大河ドラマに描かれる神功皇后とか、書きたいことはメチャンコあるんですけど、体系的な文章にするのがちょっともうしんどいのでTwitterに毛が生えた程度の内容でお茶を濁させていただこうかと。

 

最近、豊橋で666と313バーンと出てきたニュース記事を見つけて腰を抜かしたりしたんですが。

あ、313の呪いについては当然皆さんご存知の前提で話を進めますね。

皇帝の居ない三月 - (新) 日本の黒い霧

(↑ご存知ない方は)

 

で、313って、ロシア皇帝の命日なんだぁ〜(追記※これは正しい)、でもなーんかあったな。なんか聞き慣れた響きだよな、と思っていたら、思い出した、これだ!!

f:id:YoshihikoK:20220308005524g:plain

はい、こちらは映画『8マイル』(2002年)より、流行りましたよね。その最終局面でエミネム演じるbunny rabbitがラップバトルで勝利し、フロアは熱狂。

エミネムが属するチーム313』を賞賛し、相手側のFREE WORLD』をこき下ろす

ちなみに313は、デトロイトの市外局番だとか。

 

どうでしょう。見ていた当時は何とも思いませんでしたが、世界がまさに黙示録の世の様相を帯びつつある中で見ると、何ともいやらしい、ザラザラした気分になる場面ですね。

 

思えばネット界隈ももはや666に満ち溢れていて、阪神ファンにとっては屈辱的な数列である334も、1000から引いたら666ですし、

f:id:YoshihikoK:20220308021652j:plain

なんでや!阪神関係な… あるんだな、これが

郵便番号からして666である兵庫県川西市は、コイツぁタマゲタ級の悪魔タウンですし。伊丹空港ちかいし。

 

エミネムや50cent、あの頃のヒップホップは時代が変わったなぁと思ったもんです。

赤フン先生はこう見えてブレイクダンスとかもやっていましたので、高校時代はヒップホップに傾倒。

韓国語を学んでからはMC SNIPERやベッチギ、JJKといったラップにハマり、現在はベトナムのレゲエなんかを聞いております。

youtu.be

youtu.be

↑悪魔憑きことryuichi sakamotoに目を付けられておかしくなってしまった韓国ヒップホップの大御所MC Sniperさん。同級生の方と会ったことがあります。

 

言葉が性格を作るというのは至極真っ当な話で、南国でのんびりしているベトナムでは平和的でゆったりしたレゲエが似合う。恨(ハン)という感情が渦を巻く韓国では世を悲嘆するような身の上を呪うようなリリックを音律に乗せライムを重ねると胸にくるものがあるし、閉音節の区別が多い(パッチムのこと)韓国語がこれまたラップに適していて、上手いなぁと思うことがしばしば。

 

一方日本語というのは本来が神に纏ろう言葉、天恵をことほぐ言葉であるわけですので、人種差別のエゲツないアメリカで生まれた打って撃たれての世界でGet the money なギャングスタラップを平和ボケしてそこそこ裕福な日本に導入しても薄ら寒い猿真似にしか見えないわけで…日本語は人を罵倒する言葉なんか両手で数えられてしまうぐらいでしょうが、韓国語はポケット辞典が作れてしまうほど悪口の種類が多いのです。

まぁ、人を罵倒するために生まれた言語なんかこの世に無いはずなんですが、日本語はもしかしたら宇宙開闢から存在していたかもしれない言語。

50音1音1音に意味があり、昔の人々は地名や人名をつけるのに相当気を遣っていた痕跡が見られます。

言葉が人を作る。そう考えた時、必然と心も美しくありたいなぁと。

表向き静かで綺麗な言葉を使っているように見えても、含ませた底意地の悪さがにじみ出る人たちって嫌ですよね、●●人とか●●●●人とか…

 

ロシア皇帝と朝鮮王室

京都のあの人たちと、果たしてどっちが由緒ある血統だろうねぇ…

 

静岡は中国か〜白髭神社全部行く番外編〜

先日、2021年の静岡県知事選挙が終わり、現職の川勝平太が開票後すぐ当確が出たやら、ネトウヨ界隈では中国の手下を当選させた静岡県民はアホだとか売国奴だとか、まぁ想像通りに世の中が流れていっているなと感じる次第です。

現実に静岡県西部を流れる大井川は水量の減少が著しく、生まれ育って60年という方に聞いても、昔はこんな光景あり得なかったということですから、リニアの工事が大井川の水に影響を出させないというJR東海の言い分を信用しかねるのも事実。

 

農村開発の専門家であり岐阜県東部の可児市出身の方から、リニアの試掘作業及び調査が始まってから鳥が全く居なくなったという生々しい話を聞くと、ただ単にトンネルを掘っただけでは考えられないこれら山の異常たちは、リニアで利益を得る予定の大都市圏の方々の耳には届かないという現実にため息が出るばかりです。

 

そもそも新しい生活様式とやらを推し進め、各種の会議や出張も減りオンラインでビジネスを進めていこうという機運を醸成しておきながら、人の移動をよりドラスティックにするリニア新幹線なるものの必要性を根本から疑問視するという声がどこからも上がらない、という事も違和感を感じますし、リニアありきの世論は問題の争点をはぐらかしたまま奈落へと超特急で向かっていると言う感。リニアだけに。

 

結論から言うと、とにかくトンネル掘りたくてしょうがないんでしょう。もちろん付随して様々な目的がありますが。

私たちの生活を支えている(地下含む)原発の燃料である鉱石は、海外のウラン鉱山などにいかなくても、私たちの住んでいるここ日本では掘ればアチコチから取れるのです。もちろんリニアが横断するルートはフォッサマグナのど真ん中である事にも留意が必要です。

 

そんなリニア政治の番狂わせのお騒がせポジションに落ち着いてしまった静岡。

ベトナムとの縁はブログ or YouTubeで散々伝えてきましたが、今回は中国と静岡、それも遠州地域との繋がりについても見ていきましょう。

 

先日、静岡県にも東京オリンピックの聖火が到着し、無事に聖火リレーを終えたそうですが、浜松市は感染予防という名目で、何故か市内ではリレーはせず、天竜浜名湖鉄道の通る細江町という、浜名湖畔の鄙びた地域で行われました。

しかもルートというのが、西気賀駅からプリンス岬をぐるっと回り、天浜線で隣駅まで聖火を運び、みおつくし文化センターがゴールというもの。

f:id:YoshihikoK:20210628211656p:plain

赤い線がランナーが走るコースだけど、ほとんど電車移動じゃ無いか。何がリレーなのか。

スタート地点近くの西気賀駅はこのようになってます

f:id:YoshihikoK:20210629082129j:plain

f:id:YoshihikoK:20210629082141j:plain

フランス国旗カラーの看板に八雲。いぜんYouTubeで中国(特に内陸部)は出雲利権とお伝えしましたが、通学する学生ぐらいしかいない天竜浜名湖線には似つかない雰囲気なのでは。入ってないけど

 

 

f:id:YoshihikoK:20210629082517j:plain

プリンス岬(後述)をぐるっと回って、聖火は西気賀駅で天竜浜名湖鉄道に乗り、隣駅のこの気賀駅へと降りるんですが、このワザとらしいチャイナレッド!!これ見よがしな中華料理屋!!!

井伊家のお膝元は何やら落ち着かない事になってしまっている。

f:id:YoshihikoK:20210629083053j:plain

ゆるキャン△タイアップにも余念が無い。

女性が一人で人気のない大自然になんて、サンカに襲ってくれと言っているようなものだが。

 

f:id:YoshihikoK:20210629083353j:plain

駅を降りてすぐ目の前の、ここみおつくし文化センターがゴール。聖火ランナーというよりも聖火乗り鉄じゃねぇか。急遽(当日1週間前ぐらい?)市内のリレーを中止し、代替案がこんなルートって、この辺の怪しさをよく知ってる私としては『はぁ…また何か企んでるバカが…』てなもんで、天浜線ゆるキャンが大好きな市職員の暴走という話だったらどれだけ平和か。

しかし日本の役所がこんな大それた企画変更を直前にするわけもなく(静岡市等は予定通り市中心部をリレー)、入念に準備し、ルートを決め(そもそもルートもクソも無いが)、コース変更を発表するタイミングも相当仕込まれたもの。

 

先ほどのみおつくしですが、浜名湖には万葉集にも詠まれたまさに澪標が海上にあるんですが

f:id:YoshihikoK:20210629084608j:plain

皇室が足繁く訪れるプリンス岬に正対する形で、堂々と中国との繋がりを見せる。

浙江省といえばかつて静岡空港からも直行便が出ており杭州、寧波、温州と、最盛期は中国のいち省に対して、東京と大阪の間の地方空港から3路線も直行便があったわけです。北京便がなく浙江省に3便。浙江人はよほど富士山が好きなのか、華北人は静岡に恨みでもあるのか…

 

f:id:YoshihikoK:20210629091833p:plain

最盛期(2017年)


ただ中国はデカイもんで、浙江省ひとつとっても北海道より余裕で大きく、ルソン島より少し小さいぐらい。日本本州島の半分弱というと相当なもの。さらには天台宗の由来になった天台山があるというけど…

私が空港勤務してた頃には温州便はありませんでしたが、寧波便に杭州便と、爆買いの気勢がまだ残っていた浙江人の免税ショッピングは上海便を凌ぐ売り上げ。

ちなみに温州といえば多くの日本人はミカンをイメージしますが、温州人は商才に長け自らをアジアのユダヤ人と自称し、市の花はツバキだとか(wiki調べ)。


プリンス岬からも程近い三ケ日は温州みかんの栽培が全国トップクラス。

井伊家の家紋が橘であるのも、海上生活を送る上で壊血病の予防のために橘(ミカンの原種)の鉢植えを船に置いていたことに由来する、海人族を象徴するモチーフであるわけです。

f:id:YoshihikoK:20210629102624j:plain

下賤な私にはこの岬の形、アレの形にしか見えない。駅からも近く交通量も多い落ち着かない保養地に皇室が好んで来るだろうか…

 

説明が遅れていましたがサブタイトルにもあげた白髭神社の白鬚、一般的には猿田彦の事をさしますがどうも猿は呪詛名であるようです。

故に私どもは澪の君(みおのきみ)と呼んだりしています。琵琶湖の三尾神社周辺も先月行ってまいりました

f:id:YoshihikoK:20210629103059p:plain

ナマズがキャラクターって

 

そして123便事件の真っ最中に放送されていた連続テレビ小説が、千葉県銚子を舞台にした”みおつくし”です。

参考:(神)日本の黒い霧 

maakata.holy.jp

 

123便事件は天皇陛下の抹殺どころか、更に畏れ多い方を標的にしていたのかもしれません。

それはきっと、今も…

(3日目)白髭神社全部行く!!!

https://yoshikawahiko.hatenablog.com/entry/2021/06/14/170937

二日目↑

 

f:id:YoshihikoK:20210614152022p:plain

作業用マップです。青マークが白髭神社です

 

最終日です。今日はまた一波乱あるんですよ。

昨日は酒も飲んだし街中で車中泊というのもバカみたいなので安いビジネスホテルに泊まったんですが、3000円にしては中々オススメでした。というのも

f:id:YoshihikoK:20210613211501j:plain

ちょっと手前に傾けたけど本当にこの状態で陳列されてました。

コインランドリーエリアが(チト臭うけど)広くとってあり、本が色々と置いてあって良い感じでした。乾燥だ何だでエレベーター何往復もするのが嫌いな人には助かる。ホテル竜宮とかそんな名前でした。良い感じです。WiFi繋がらないけどね。

 

f:id:YoshihikoK:20210613213909p:plain

本日は静岡市内を東へ西へ。市内の白髭と興津川上流の密集地隊を制覇するという予定で出発。

 というか本当に雨ふらねぇな! 暑いよ!!!

下島白髭神社

途中で有東神社という気になる神社があったものの、小山の上にあり見事に駐車スペースが無いため断念。青森の善知鳥(うとう)神社といい昨日宿にした有東木といい、何だろうね。

 

f:id:YoshihikoK:20210613214630j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613214710j:plain

羽団扇の神紋が天狗っぽい

f:id:YoshihikoK:20210613214812j:plain

所在地:静岡市駿河区下島590

登呂遺跡を過ぎて海までも割と近い、住宅地の神社。公園も広めにとってあり、これなら子供達も安心して遊べそう。

 

天羽衣神社

下島から東へ、海沿いを行くと日本平が見えてくる。かつて仲間たちとも久能山東照宮をえっちら登ったものだ。

f:id:YoshihikoK:20210613215547j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613215552j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613215906j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613215926j:plain

大根祭りまでやっている。出雲だ

白鳥処女説話、羽衣伝説は日本中に分布しており、ベトナムにも類例が見られる。ヤマトタケさんを解明する上で避けては通れないテーマでもあります。特にここでは天女を見初めた男の名前が伯梁という言い伝えもある。

 

蛇塚白髭神社

そこからさらに東へ行くといちご畑が広がり、久能山からそう遠く無いところにも白鬚さんがありました

f:id:YoshihikoK:20210613220747j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613220848j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613220903j:plain

所在地:静岡市清水区蛇塚120

とにかく荒れ放題で蚊がとんでもなく飛んでるのです。やられ具合では今回でトップでした。さすが久能山。目の前に電波塔建ってるし、そも蛇塚って地名がもう

f:id:YoshihikoK:20210613221124j:plain

 

そうこうしていると地域住民が呼んだらしい市の職員が二人組で来て、ドブ川の草刈りがどうのと話していましたが、神社の事を聞いても蛇塚の由来を聞いても覚束無い様子でそっけない。

感じ悪いなぁと思い、そこから東に謎の庚申塚とデカい蘇鉄があったので、それも周辺をうろついていた老婆二人組に聞いても非常にそっけない。

顔も合わせようとしないしもう一人は強斜視で目線が定まってない。

さすが久能山、邪気まみれ集落だなどと思っていると、この斜面を埋めつくさんばかりのイチゴも何やら神への冒涜目的で推奨されているのではと思えてならない。

f:id:YoshihikoK:20210613221811j:plain

こんなところにヘレンケラー何しに来たんでしょうね…

 

今泉白髭神社

すとろべりぃふぃいるふぉおえゔぁぁああなどと熱唱しながら、皇族も度々訪れる日本平に登り、北側の砂利道を降りるともう清水区、かつては清水市だったエリアです。ちびまる子ちゃんです。

f:id:YoshihikoK:20210613224423j:plain

 

f:id:YoshihikoK:20210613224254j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613224746j:plain

所在地:静岡市清水区今泉128

簡素ながら質実剛健な印象。何よりこの眺め、清水港を一望できるこの立地。古代海人族達の勇ましい姿が眼に浮かぶよう

f:id:YoshihikoK:20210613225126j:plain

例のごとく拝殿内部は物置と化していましたが、さすが大らかシズオカン。こまけぇこたぁいいんだよ!(そんなベランメェではありません)

f:id:YoshihikoK:20210613225750j:plain

集スト被害者の家にも高確率で細工されているヤツです

見事に神社前の送電線だけに変なアレがついている始末。封じておきたい場所なんですねぇ。

 

入江白髭神社

車はさらに清水市街地へ。通りの名前がその名の通りしらひげ神社通りという所に大事にされてそうな白鬚さん

f:id:YoshihikoK:20210613230952j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613231554j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613232620j:plain

カッパさん

f:id:YoshihikoK:20210613233018j:plain

平和の塔と陸軍中将が謹書した慰霊碑

f:id:YoshihikoK:20210613233128j:plain

所在地:静岡市清水区入江1丁目13−17

猿田彦が隅っこに追いやられていますがしっかり祀られている。また京都賀茂神社に久留米に…陸軍が抑えているのも、さもありなん。

月と6ペンスというセンスの良いバーが隣にあったりと、中々清々しいところに見えて、清水はやはり奥が深い。

興津東白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210613235759j:plain市街地を抜け一路由比方面へ。興津川を越えたところの海岸に突き出すような丘陵地帯。薩埵峠の静岡側になります。

f:id:YoshihikoK:20210614001812j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614001815j:plain

所在地:静岡市清水区興津東1504

かなりもっこり、もはやモッコシとした綺麗な円墳。こんな山自然にできるわけねぇーだろう!と笑ってしまいました。

 

f:id:YoshihikoK:20210614002119j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614002140j:plain

さて面白いことに、先ほど清水の白鬚でもコッソリ猿田彦が祀ってあったのが、ここでは主祭神なのです。

f:id:YoshihikoK:20210614002321j:plain

近くに送電線も無いのに、送電線建設業者が色々と奉納している。遺跡潰しの罪滅ぼしが、太鼓一丁で済むと思うてか。

 

f:id:YoshihikoK:20210614004129j:plain

興津大橋より興津川河口方面を望む。一時停止のネズミ捕りやってました。

 

清地白髭神社

興津川を遡上すること約15分。

山を削って新しい道を作っている真ん前に白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210614004635j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614004638j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614004703j:plain

所在地:静岡市清水区清地1078

 

和田島白髭神社

そこからまた興津川をさかのぼって5分ほど。何やら謎の煙突?が見えてくる。徳利型の配水塔らしい

f:id:YoshihikoK:20210614005509j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614005612j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614005655j:plain

所在地:静岡市清水区和田島260−2

f:id:YoshihikoK:20210614005811j:plain

ここでも猿田彦。もしや興津川の方がオリジナル出雲が濃いのか??

 

白神社

さて、ここが迷う所。今日中にリストアップされた白髭神社を全て回りきれるか、次の幕白神社に行くかどうかで変わってくる。往復40分は痛いが、中部横断道がぶち抜いているエリアも見ておくべきか、と考え、白シリーズ神社に行ってみることに。

f:id:YoshihikoK:20210614010548j:plain

興津川の支流である樽川を遡上し、どん詰まったところの集落に鎮座する神社。ここ自体はどうという事ないんですけど、次です

 

長田神社

樽川を通る途中にナビ上に見つけた神社で、なんとなく気になったけど思い出しました。狭長田(さながた)といえば、天孫ニニギを高千穂へと案内した猿田彦が、ウズメと里帰りしたいわば故郷。これは放っておけん。

f:id:YoshihikoK:20210614011302j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614011315j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614011336j:plain

ホツマツタエ においても、ツクシの タカチホぞ イセの南 ナカタガワ  我が名を 顕わさば 我も出さん(24アヤ)とある通り、最初に行った白髭神社のある長田という地区もここで猿田彦と繋がってくるわけです。

都合1時間のロスは全く無駄では無かった!!\(^o^)/ワーイ

 

野茂島白髭神社

再度興津川へと戻り遡上

f:id:YoshihikoK:20210614013309j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614013313j:plain

所在地:静岡市清水区野茂島398

 

f:id:YoshihikoK:20210614013419j:plain

この茶筅みたいな細工はなんでしょうな?
葛沢白髭神社

さぁ興津川の白鬚密集エリアです。

f:id:YoshihikoK:20210614013916j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614013920j:plain

所在地:静岡市清水区野茂島398

支流のどん詰まりなんで、まぁ荒れてますよね

f:id:YoshihikoK:20210614014010j:plain

 

西里白髭神社

ここは神社庁のデータにもヒットしなかった神社です

f:id:YoshihikoK:20210614021015j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614021033j:plain

所在地:静岡市清水区西里92−4

偶然マップで白髭神社を検索していたから見つかったものの、こういうところもあるのでやはり現地へ赴かないと見つからないもんだ。

 

布沢白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210614022452j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614140027j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614022603j:plain

所在地:静岡市清水区布沢359
 まぁまぁの規模でした

 

高山白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210614140248j:plain

すぐ近くを中部横断道の巨大な陸橋が通っています。ここは重要地点

f:id:YoshihikoK:20210614140338j:plain

集落のど真ん中ではなく、川向こうに社殿を作るケースが多い。災害避けの神様ゆえか…? 

f:id:YoshihikoK:20210614140732j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614140652j:plain

所在地:静岡市清水区高山373

参拝を終えて降りると集落の町内会長さんが待っていた。明らかに警戒して声をかけてこられた様子だったが、白鬚をあちこち巡っているというと、色々と見せてくださいました。

f:id:YoshihikoK:20210614141437j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614141414j:plain

本殿は白鬚、やはり猿田彦を祀っていて、左側が若高大神、右が牛頭天王とのこと。そして猿田彦というのが

f:id:YoshihikoK:20210614141707j:plain

右側です


これなんです。一般に言われている天狗のような、赤い顔で鼻の高いサルタヒコというイメージとは結びつかない。どちらかというと竹内宿禰と聞けば納得する印象。

f:id:YoshihikoK:20210614141955j:plain

この髪型もちょっと不思議。お団子2つが鬼の角を暗示しているようにも?

f:id:YoshihikoK:20210614142450j:plain

他にも色々と独自にお調べなさっているようで、地元神を大切に残したいという町内会長さんの熱意に敬服いたしました。明治の神仏習合や一村一社のドサクサで色々と失くしたり取り違えが出たかもしれないけど、家で大事に守って元どおりにした筈とのこと。

なんでも本殿の戸を勝手に開け撮影しネットに上げる人がいたり、それはまぁいいけど先祖代々の物が持って行かれるのも困るので私に声をかけた、と言うことでした。

戸を開けて御本尊勝手に写真撮るって、その発想は無かった…万策尽きたら私もコッソリ(コラッ)

若高大神というのも興味深い。若といえば2代目だから、タカミムスビ2代目?でも時代的にタカギの皇子のヨロマロさん…?うーむ

 

そしてさらに、事前の調べでは5社あると思っていた興津川上流の両河内地区には、会長さん曰く白髭が13社もあるということなので…

f:id:YoshihikoK:20210614150509p:plain

この中だけで13社!!!!

これはもう行ききらん!!!
と判断いたしました。その気になれば今日中に両河内エリアは全部回れるだろうと思いますが、それやると市内とあと藁科川、天狗山天狗石山まで行けん。もう一泊車中泊するほどのMPも残っていない

と言うことなので…

 

全部は無理でしたぁ!!!

とここでお伝えしておきます。ここまでお付き合いくださった読者様には申し訳ありません。しかしいつかきっと全制覇します。しかし全制覇したと思っても、まだまだ出てくるでしょうから、神社巡りに終わりなど無いのです、初めから(責任逃れ)。

 

石川白髭神社

高山から結構な急斜面を下ると清水市街地へ出ます。こんなに登ったんだ!?と思うほどの傾斜。そこから東名清水インターや新東名の取り付け道路近辺を通るともう古墳だらけなんです。ちゃんと認定された古墳だけでも見るのは1日以上かかります。古墳潰しがどれだけ好きなんだ道路行政!!

f:id:YoshihikoK:20210614152739j:plain

所在地:静岡市清水区石川372

国道1号から北へ500メートルの住宅地の中ですが意外にも微高地らしく、弥生時代後半から古墳時代の住居跡が見つかっているようです。

f:id:YoshihikoK:20210614153901j:plain

やはり猿田彦の字は無い

f:id:YoshihikoK:20210614153903j:plain

やはり先ほどの御本尊は宿禰さんがモチーフなのか?

 

f:id:YoshihikoK:20210614154114j:plain

秋葉と三峯も。屋根もつけて大事に

 

沖ノ森神社

石川白髭の由緒書きにある通り、東名高速を挟んでかつて2社あった白髭神社、その北側の社は沖ノ森神社と名前を変えながらも、変わらず白鬚を祀っているそうです。

f:id:YoshihikoK:20210614154504j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614154621j:plain

やはり祭神は武内宿禰例大祭は3月と10月中旬。

 

北脇白髭神社

ここも神社庁のデータにない。どんどん出てくるわぃ

f:id:YoshihikoK:20210614155043j:plain

所在地:静岡市清水区北脇244

つけると疣(イボ)が治る水が湧くことから、疣宮とも呼ばれているとか

東海道新幹線の線路のすぐ近くに立地

白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210614161203j:plain

所在地:静岡市清水区楠113−3

f:id:YoshihikoK:20210614161530j:plain

若宮、白髭 とある

f:id:YoshihikoK:20210614161603j:plain

巴川沿いに建つ。常葉大学草薙キャンパスがやたら立派でした。

 

吉津白髭神社(みつからず)

これで市内の白髭は周り尽くし、国道1号バイパスに乗り藁科川へと入る。

しかし事前の調べでは番地がヒットしない。近い番地は老人ホームになっていて、それっぽい茂みを見てみても何もありませんでした。

所在地:静岡市葵区吉津1904(おそらく旧番地)

ネットで巡った人を見ると現在は津島神社と名前を変えている様子。そりゃぁ見つからんわ。藁科街道沿いの公民館の横にもさびれた白髭があり、そこは祭神が狭田彦となっているらしい…

 

寺島白髭神社

まだまだ白髭神社はあるが日がもうだいぶ傾いてきた。ここはまず藁科川をできるだけ北上し、通り道の神社と諸子沢だけは見ておいて、暗くなるまで残りを行けるだけ行こうと決めました。

 

f:id:YoshihikoK:20210614164117j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614164116j:plain

櫛毛神社とな?

f:id:YoshihikoK:20210614164224j:plain

所在地:静岡市葵区寺島33−2

急カーブがお山を囲っているおやしろ。ここもかなり急階段でした。中部電力清沢発電所が近くに。

 

日向白髭神社

諸子沢まであと少し。6時を回ってもまだまだ明るいぞ

f:id:YoshihikoK:20210614164616j:plain

福田寺の奥に白髭が鎮座する。ゲンが悪いなぁ

 

f:id:YoshihikoK:20210614164757j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614164823j:plain

f:id:YoshihikoK:20210614164850j:plain

多少荒れていました。

f:id:YoshihikoK:20210614165015j:plain

主張の強い青のついたて。今回やけに場違いなほどの青色を神社で見かける。

イスラエルの国旗といえば青、スサノオは青草を束ねて蓑笠を着ていた。

というように出雲、ユダヤでは青は特別な意味を持ちます。アルファロメオといえば赤のイメージですが、バチカン結社が乗るのは青色だったりします。

 

f:id:YoshihikoK:20210614165703j:plain

そこから少し川を上ると諸子沢。天狗山の水を集めて藁科川に合流し、安倍川を経て駿河湾へと至る。

f:id:YoshihikoK:20210614170039j:plain

 

まとめ

時間は6時半。これで行きやすい白髭は全部回ったことになる。諸子沢まで来れたし、まだまだディープな場所に白髭神社が残っている。

ネットで調べたところで、行けば後から見つかってくるし、まだまだ今回のデータを総括できたとも言えない。

また安倍川の支流には中河内川、西河内川があり、興津川には中河内、西河内という集落がある。まるでコピーしたように川の形も似ている。これは何故か。

岐阜にも同じぐらいの数の白髭神社があるというし、白髭廻りは私の新しいライフワークとなるでしょう。白鳥、白山、天白にやけに縁のある私がやるしかないぞ!

ミオの君よ、いつか迎えに参ります

 

(2日目)白髭神社全部行く!!!

https://yoshikawahiko.hatenablog.com/entry/2021/06/11/012703

1日目↑

おはよぉ〜うございます。私のワゴン車は特にカーテンとかも無いので、空が白むと同時に目が覚めてしまいます。故に4時半起床

有東木の白髭神社前に展望台があったのでそこで寝ました。2021年6月上旬でしたが、暑くも寒くもなく、また梅雨ってなんだっけ??というぐらいの連日快晴。山の空気に包まれてぐっすり眠る事が出来ました。さぁ今日も引き続き、静岡の白髭神社を巡るっちゃけんね。 

 今日のルート

f:id:YoshihikoK:20210612190141p:plain

夜は約束があるので安倍川をメインに、市内をいくつかクリアしたい。今日はのんびり行きましょうかというカンジでぇ〜 

 

有東木白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210612213426j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612214025j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612214132j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612214201j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612214231j:plain

山肌には大きめの岩もゴロゴロ

所在地:静岡市葵区有東木580

樹齢500年とも600年とも言われる立派な杉は市の天然記念物になっているほどで、そんなんが10本も生えているのはかなり壮観。やはり縁起板は無いがネット情報によるとやはり竹内宿禰らしいです。

f:id:YoshihikoK:20210612214634j:plain

売ったら一本何百万円かな

 

f:id:YoshihikoK:20210612214744j:plain

ワサビが有名らしく、沢に沿って延々とワサビ田が段を為していました。気の利いた飲食店もあるようで、後述の温泉と合わせて安倍川の貴重な観光資源。

 

入島白髭神社

随分北上したことになる。緯度でいうと愛知の瀬戸市とか箱根湯本ぐらい。橋を渡った所に若干見つけづらい神社を発見

 

f:id:YoshihikoK:20210612215701j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612215704j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612215707j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612215712j:plain

所在地:静岡市葵区入島598

かなり急な階段を登った先に本殿がありました。見事な彫り細工は獏もしっかりと。

f:id:YoshihikoK:20210612220137j:plain

 

梅が島 安倍峠 湯之神社

おそらく静岡県最北の白髭神社をさらに北上すると、梅が島温泉の保養地があります。

f:id:YoshihikoK:20210612220435j:plain

しかし相当源流まで近づいてもこの川幅の広さですよ奥さん。

1707年の宝永地震で起きた大谷崩の影響が今でも残っているらしく、砂防ダムなんか作ってもすぐ埋まっちゃうと横山のおじいちゃん(後述)が言っていた通り、砂混じりの濁った水流が安倍川の特徴。

 

f:id:YoshihikoK:20210612220840j:plain

f:id:YoshihikoK:20210612221156j:plain

山梨県側へと抜けられる安倍峠は通行止め。

2018年に7年ぶりに開通したはずが、またも崩落で通れないって、なめとんのかい。

相当無理な山道を通したのだろうが、なにせ山梨側はすぐ身延である。何か企んでいる可能性も捨てきれない。

 

f:id:YoshihikoK:20210612222025j:plain

カエデが色づいてきた。もう秋かぁ…(?)

f:id:YoshihikoK:20210612222507j:plain

小綺麗な温泉街。客層がよくわからない

f:id:YoshihikoK:20210612222618j:plain

サンドイッチも来たらしい

f:id:YoshihikoK:20210612222848j:plain

3匹の蛇ねぇ

湯之神社があったので参拝してみる

f:id:YoshihikoK:20210612223438j:plain

甲斐国島流しされていた良純親王後陽成天皇の第8皇子)が3匹の蛇に導かれてこの温泉を見つけ、みるみる傷が癒えたことで神宝を奉り湯之宮三蛇権現と称されていたとか、それっぽい言われが書かれている。ネット情報にもその他の御祭神は明らかでは無いが、湯之宮で検索すると宮崎の新田原基地の至近に猿田彦を祀る湯之宮神社があるという。覚えとこ。

 

TOTO

安倍川源流まで来たから後は南下じゃあ!時間の都合でスルーした安倍川流域の白髭神社を制覇すべく川を下り、来たときも気になっていた山に魚魚(とと)の里とかいう食堂兼釣り堀兼な町おこし施設があるので行ってみると

f:id:YoshihikoK:20210612234656j:plain

山の手前にやけにこんもりと丘があるではござんせんか。登ってみると

f:id:YoshihikoK:20210612234700j:plain

どうも前方後円墳としか思えないフォルムなんです。流石に露骨すぎると思ってか土を少し足してただの小山に見せかけているけど、私の古墳レーダーはビンビンなのです。たとえ盛り土だとしても前方後円墳チックにわざわざ作ったとしたら、その意図が知りたい。

たとえ古墳があったとしてもこんな海から何キロも離れたかつての峡谷に古墳があったとはアカデミズムも当然認めたがらないはずですし、魚といえばキリストを意味する。バンドのTOTOは1985年に来日した際、最初のライブは静岡で行ったのだから(だから何だ)

f:id:YoshihikoK:20210612235154j:plain

ちょっと土を足してカモフラージュ??

f:id:YoshihikoK:20210612235337j:plain

呪術めいた幾何学模様の使い方

車止めのマンボウモニュメント

 

f:id:YoshihikoK:20210612235441j:plain

逆光で見づらいですが、魚魚の里へ行くために渡る橋は白鳥大橋というのも、あやC

 

中平白髭神社

途中水力発電所の建設現場を見て

f:id:YoshihikoK:20210612235714j:plain

山の両脇からワイヤー吊ってクレーンにしている。初めて見た

TOTONOSATOから車で15分ほどの所の白髭神社はそれなりの規模でした

f:id:YoshihikoK:20210613000046j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000050j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000046j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000050j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000108j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000111j:plain

所在地:静岡市葵区中平347

石碑もあったり高低差もあったりで、色々やってる感じはあるが、バス停からも近く地場物産を売る小さな店もあったり釣り堀もあったりという集落

f:id:YoshihikoK:20210613000300j:plain

 

平野白髭神社

そこから5分ほど川を下ると、川沿いに切り立った丘陵が見えてくる。間違いなく次の白髭はココだ

f:id:YoshihikoK:20210613000550j:plain

土留めがかなり大変だったろうに

 

f:id:YoshihikoK:20210613000750j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000736j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613000739j:plain

所在地:静岡市葵区平野106

大河内というエリアらしく、イタリア料理屋もあったり生涯学習交流スペースがあったりという、割とひらけた集落でした。

 

横山白髭神社

所在地:静岡市葵区横山42

グーグルマップには出てこないがゼンリン地図には白髭神社とある。

しかし車が通れそうな参道が一見なさそうなため、墓地前に車を止めて登って行くと、鳥居の前で何やら作業をしているサングラス姿のおじいちゃんと出会う。

聞けば神社のあるこの山はおじいちゃんの持ち物で、白髭の隣に津島さんを祀ってあったり、津島の神紋に似ているからという理由でこの集落ではキュウリを作ってはいけないとか、色々と面白い話をしてくださいました。

結局小一時間は話し込むも、6割はお孫さんの自慢💦後の4割は静岡市政とか大谷崩とか香田文とか木の話とか山の話、田んぼを10メートル掘ってもまた田んぼが出てくるとか。とにかく大谷崩が起きる前は相当深い峡谷があって、それを悉く土砂が埋め尽くした結果、これだけ河幅が広いということがわかりました。

しかしお孫さん、こんな山の中で塾も通わずに育って、ゲームやテレビにも興味を持たせず山の下草刈りや薪割りをさせていると自分で勉強がしたくなるのだろうか、お孫さんは京大が目指せるレベルの偏差値だったとか。160センチそこらのおじいちゃんの孫が185センチの堂々たる偉丈夫に育ち、アメリカ留学までするもんですからわからんもんだ。数学科で修士課程をとってSEの道に進んだということですから、ぜひ欲しい人材です。

f:id:YoshihikoK:20210613002455j:plain

乗れるんだそれ!!

仕事のお邪魔をしてしまいました。山用モノレールに颯爽と乗り込み薪を取りに行くおじいちゃん。いいなぁ。山欲しいなぁ。

 

f:id:YoshihikoK:20210613002732j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613002826j:plain

左が津島さん、右が白髭さんですって

f:id:YoshihikoK:20210613002947j:plain

神社よりも、石碑が建っているこの大岩がすごいんです。おじいちゃん曰く、南に行った沢にもっと馬鹿でかい岩があるとのことでしたが、見つかりませんでした(>_<)

f:id:YoshihikoK:20210613003313j:plain

石碑

 

f:id:YoshihikoK:20210613003431j:plain

しかし大岩がゴロゴロの沢
俵峰白髭神社

かなりのつづら折り&傾斜を超えて、静岡のマチュピチュと言ってもいいぐらいの所に集落があり、そこにも白髭神社がありました。こんな所どうやって開拓したんだというような秘境感です。

f:id:YoshihikoK:20210613004208j:plain

しずピチュを名乗る事を許す!

f:id:YoshihikoK:20210613004327j:plain

わさび漬けといえば田丸屋です

わさびも作っている綺麗な沢。こんな所に山持ってたら楽しいだろうなあ。管理は大変でもさ

f:id:YoshihikoK:20210613004525j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613004534j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613004637j:plain

また傾いちゃってる本殿…本殿ぐらい片付ければいいのにね

所在地:静岡市葵区俵峰503

気になるコンモリがあちこちにあるため、なかなか見つけづらい神社でした。ここに食堂兼民宿でもあればまた泊まりにきたいけど、厳しいだろうな。安倍川まで出るのに15分もかかるのは地味にね。すれ違う原チャリおじさんが手を降ってくれ(人違いしたのか?)、なんだか嬉しいそんな村でした。

 

油島白髭神社

俵峰を降りたところにも白髭があるとのことでしたが、地図で見てもそれらしいのは寺しかない。そこの墓地もすごい急斜面に作ったもんだというものでしたけど。万策尽きたと思っていたところ、村人個人が作ったであろう案内板があったので読んでみると

f:id:YoshihikoK:20210613005538j:plain

ご丁寧に英語でもSHIRAHIGE SHRINE!!!

説明を読むと『本神社は白髭、牛頭天王、水神の三社を祭っており1433年の戦などで氏子がいなくなり廃壊していたのを1674年に再興したとある』とのこと。また元旦に新年会、6月の農上祭り、10月17日の秋の大祭の三行事が行われるとある通り、10月17日は白髭にとって重要な日付なのかやけに見かける。なんでしょうね。十十七、10107、117…

 

f:id:YoshihikoK:20210613010510j:plain

こりゃわからんて

f:id:YoshihikoK:20210613010708j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613010711j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613010714j:plain

所在地:静岡市葵区油島131ー2?

案内板がなければとてもたどり着けない、畑の奥にありました。誰かわからないがオラが村を誇る村人さんに感謝です。

菊の絵馬が奉納されているのが気になる。

菊といえばホツマツタエでも心身を浄化してくれる素晴らしい食べ物とあるし、白山神社の祭神であるキクリヒメも謎の神様とされている。

f:id:YoshihikoK:20210613011251j:plain

つがいの鶏に赤菊。

赤菊の花言葉は「あなたを愛します」だとか。珍しいけども、愛の告白にピッタリでは。しかも菊は9月9日の誕生花なんですって。やっぱり九十九じゃないか!ククりヒメじゃないか!!

 

 

足坏神社

さてオクシズエリアの白髭巡りも済み、ひっさしぶりにコンビニを見かける。文明世界へと帰ってきた。足久保川へと入った先に名前が気になる神社があるので行って見ました。

f:id:YoshihikoK:20210613183201j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613183343j:plain

ほんとだ、こりゃ赤い!

 

f:id:YoshihikoK:20210613183448j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613183549j:plain

その名もアシツギ神社といい、ネット情報によるとかつてはここも白髭神社を名乗っていたとか。社の前を流れる足久保川を安倍川本流方面へと下ると諸川池があり、右手には美和という集落まで見えてくる。

f:id:YoshihikoK:20210613195745p:plain

青POINTは白髭さんです。

足坏神社も白澤神社も式内社であり、川に出たらすぐ美和エリアが広がる。

一般的ではない学説だが、正統出雲を乗っ取り天神系や熊野系と合流(排出?)し、天皇家に匹敵する勢力を築いた言うなれば偽出雲という勢力があるという。なので皆が出雲といえば認識する島根県の方は、偽出雲達による比較的新しい都ではというのは私にとって非常に腑に落ちやすい話。

個人的には出雲はどうも暗ぼったくて陰気臭い(もちろん山陰もよく行ったし好きですよ)ゆえ、そんな所をオオクニヌシが開拓したところで中央が疎んじるだろうか??という違和感は大学生の頃から感じていました。東三河遠州に本来の出雲があり、それがいつ偽物に成り代わったのかは駿河の神社史にカギがあるかもしれないというのが私の狙いでした。

そう仮定すると、延喜式が書かれた今から1000年ほど前まで、まだ安倍川上流は正統出雲の権勢が残っており、猿田彦を意味する天狗山を神聖な山と遥拝し、トの教えを重視する正統出雲達の最終防衛ラインが美和および賤機山だったのではという見方もできる。

静岡、特に河川流域に白髭が多いのも縄文以来の日本人の伝えが根付いている地域だからであり、かつて海だっただろう平野部にもあるのは山の民が持ってきたものか。それなら猿田彦を抹殺して竹内宿禰を祀るのも納得がいく。

白澤、白沢という名前も栃木の方では白髭と結びつく伝承があるらしいが、三国志は実は日本史説に乗っ取れば、瑞獣のハクタクが由来でもおかしくない。

f:id:YoshihikoK:20210613200816p:plain

ウィキより。肖像もどこか竹内宿禰っぽい

 

小塚谷白髭神社

アシツギの内容↑は意味不明で飛ばした方も多いかもしれませんね。白髭に戻ります。(神)黒霧のブロマガ読者さんなら『なるほどねぇ』と言ってもらえる内容かもしれません。別に頻繁なブロマガ購読をお願いする広告なんかじゃありませんからァ!!

 

f:id:YoshihikoK:20210613201512j:plain

所在地:静岡市葵区小塚谷74

完全に住宅地の神社で駐車スペースもゼロだったので路駐しましたが、この美和地区、山がおかしいんです

f:id:YoshihikoK:20210613201819j:plain

何度も言いますが静岡市は、坂が無く平地に山がイキナリDON。ここはその最たるものといえます。なんですかこの急傾斜、バカじゃないの。

こんな所に通しているんです新東名は。何を狙っているのか非常にわかりやすい。

 

f:id:YoshihikoK:20210614003246p:plain

f:id:YoshihikoK:20210614003303p:plain

国土地理院の傾斜量図で見るとわかりやすいのですが、静岡市内周辺の山は浜松と比較して真っ黒、つまり突然ドンとそびえているのです。浜松も磐田も市街地にそれなりに坂があるのに静岡はもう皆無と言って問題ありません。

瓦場町白髭神社

さてグッと静岡市内へと入ってきて、市内にドンと鎮座する谷津山の麓の白髭神社です

f:id:YoshihikoK:20210613202806j:plain

所在地:静岡市葵区瓦場町152

もはや拝殿?はただの家です。公会堂です。郵便受けをそのまま賽銭箱シュートとして使っているアイディアは、ちょっとうまいと思いました。

f:id:YoshihikoK:20210613202812j:plain

拝殿(老人集いの家)の裏に、いちおう本殿?なのか??

f:id:YoshihikoK:20210613202814j:plain

静岡では白鬚=老人の寄り合いという認識なのかもしれない

f:id:YoshihikoK:20210613202809j:plain

寺とくっついてました

この谷津山も県下最大級の前方後円墳があったり護国神社があったりで。かくいう私も自衛隊試験をここまで受けに来て入隊したんです。

 

上足洗白髭神社

瓦場町から北へ1キロ強、静岡市立高校そのまんま美川の出身校)の交差点近くの白髭神社

f:id:YoshihikoK:20210613205508j:plain

f:id:YoshihikoK:20210613205526j:plain

ここではタケシウチとな!!

 

夜は静岡在住の大学時代の後輩と3年ぶりに会って一杯やりました。まん延防止というバカバカしいイベントに同調しない素晴らしい静岡シティは浜松よりも垢抜けている。浜松なんて遠鉄百貨店しかないのに、ここではパルコに松坂屋伊勢丹まであるのだ…

なのに静岡市民は寝るのが早く、どんな怪物深夜番組も静岡では成功しないことで有名。浜松人の私から見てもノンビリしていて、余所者がデカいツラしても文句一つ言われないのだから金儲けするには最高な町だと横山のじいちゃんも言っていました。

後輩も頭の良い人なので、矛盾を感じながらも警察官という立場上日々マスクをして勤務し、ウィルス騒ぎ、ワクチン騒ぎを冷ややかに見ていました。与謝野晶子が『死にたまふことなかれ』と言って批難された時代がかつて日本にあったなど、果たして平和平等主義者の後輩君には信じられなかったのが、昨今のマスク同調圧力を見てようやく理解できたと。

そうなんだよなぁ、はだしのゲンで戦争に反対するゲン一家を非国民じゃーと騒いでいた一般市民たちを笑えないのが今の日本人たちだよなと。

とはいえ食べ物はうまいしノーマスクでも当然何も言われない、居酒屋で飲んでいたら10年ぶりに逆ナンされるし、良い町じゃないか静岡。人も。

 

f:id:YoshihikoK:20210613210653j:plain

おやくそく

 3日目へと続く!!↓

https://yoshikawahiko.hatenablog.com/entry/2021/06/14/171104